新着情報

新着一覧


2020.Jul. 7

フルサスバイクでガンガンコースを下っている時にふと感じる事。「ここで上手くジャンプできればもっと楽しくなるかも。」そんな話をよく耳にします。

ただ、フルサスバイクでは重量もそれなりにありますし、サスペンションがあることで踏ん張った時に上手く力を伝えられない事もありますよね。

そんな時にはやはりそれに適したバイクで練習することがスキル習得への近道。

やりやすいバイクでスキルを習得した上でいざメインバイクで練習をすると、とても効率よく実際のシチュエーションに役立てることができます。

そこでお勧めなのがこちら

■MARIN BIKES ALCATRAZ COMP  size:ONE SIZE

color:GLOSS MAGENTA / CYAN / Hi-VIS YELLOW / BLACK

メーカー価格 ¥165,000-(税抜)

 

UKのスロープスタイルライダー『Matt Jones』が完全監修し、

彼自身のライディングをより高めるために設計されました。

チェーンステーレングスは395mm。この手のバイクとしては際立って短いわけではありませんが、一般的なマウンテンバイクよりはかなり短いですよね。

そしてBBドロップは22mm。色々なメーカーで25mmが多くみられますが、ジャンプバイクにしてはやや高め。たった数ミリの差ですが、この差がフロントアップのしやすさに繋がっていくんです。

BBドロップは低くなれば安定感が増し扱いやすくなり、高くなると重心を後ろに移しやすくなるのでフロントが上げやすくなります。

ただ、高すぎてしまうとちょっとしたことで捲れてしまう事もあるので、この3mmがMARINのこだわりといった所でしょうか。

 

梅雨時期は1日かけてコースに行くこともなかなか難しい時もありますので、ちょっと時間の空いた隙に近所で基礎練習をしてみてはいかがでしょうか。

最後にメーカーのPVがありますので、イメージを膨らませてみてください。

 

こちらの車体は当店通販サイトBIKE ONLINEでもご購入頂けます。是非ご活用ください。

MARIN BIKESページはこちら


2020.Jun. 30

どこを切り抜いても華やかさがあり絵になるBianchiのエアロロード『Ortre XR3』

コーポレートカラーである“チェレステ”と滑らかで美しいフレームデザインは見ているだけでうっとりしてしまいます…。

当然スタイリングだけでなく走行性能もホンモノで、その実力の高さは日本のプロロードチームである“さいたまディレーブ”で同フレームが採用されるほど。

 

一見すると細身なシルエットに見えますが各チューブはそれぞれエアロダイナミクス に特化した形状を持ち、特にダウンチューブは“菱形”に近くかなりハイボリューム。

ダイナミックな形状のBB周りはプロの脚にも応えるほどの剛性を持っています。

 

「高剛性」と言っても“ガチガチな硬さ”を全く感じさせない不思議な乗り味なのがBianchiの凄いトコロ。

その秘密は「COUNTERVAIL」が使用されているからです。

Bianchiの中でもハイエンドモデルにのみ使用が許される特別な素材「COUNTERVAIL」

重量増し等のネガティブ要素無く、発生した不快な振動を素早く沈めるという特別な振動抑制素材により最大で80%もの振動をカットできる驚異的な最新素材をBianchiだけが使用しています。

 

スポーツバイクブランド世界最古の歴史を持つ「Bianchi」の持つバイク作りのノウハウと最新素材「COUNTERVAIL」を合わせる事で、これだけエアロダイナミクスに特化したフォルムと性能を持つバイクに仕上げながらも、極上の乗り心地を両立した他には無いバイクに仕上がりました。

 

実を言うと昨年試乗させていただいた際のライドフィーリングが未だに忘れられません。

これでチューブレスタイヤを履かせたらどうなってしまうのか…

「何処までも乗っていけそうな気がする」そんな極上のライドフィールでした。

 

■Bianchi Oltre XR3 DISC ULTEGRA ¥468,000-(税抜)

「Ortreシリーズ」ラインナップには『XR4』が展開されますが、“グレードの上下”では無くコンセプトとライドフィーリング自体が違う、全くのベツモノ。

 

先日開催された「スロベニア選手権」で『Ortre XR4』で駆るユンボ・ヴィズマのプリモシュ・ログリッチ選手がブッチギリ優勝したのも記憶に新しいトコロ。

コックピット周りの剛性が特に高く、レース終盤のスプリントや鋭いレスポンスが欲しい方は『Ortre XR4 DISC』

レース〜ツーリングまで幅広く楽しみたい方は、剛性・軽量・乗り心地でベストオブバランスな本日ご紹介の『Ortre XR3 DISC』がオススメです。

 

 

〜緊急事態宣言解除後の対応について〜

お客様の安全とスタッフの健康状態を保つ為、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。


2020.Jun. 28

6月はZwiftを利用したインドアイベント「グループワークアウト」強化月間!という事で毎週末開催させていただきました!

ご参加いただいた皆様ありがとうございました。

先週は初開催の“系列店舗対抗レース”を開催させていただきました!

走力差を埋める時間差スタートにより、「逃げ切れるか?」「追いつけるか?!」白熱した展開で、とてもゲーム性が高く楽しいライド。

“追走組”は足並みを揃えローテーションを回しながら追いかけ、“逃げ”は画面上に表示されるアドバンテージタイムでペースと気合いを維持!

スリップストリームやアイテムといったゲーム性の高さはZwiftならでは。

逃げ切れるか、追いつくかのドキドキの展開の中、見事な逃げが決まり初戦はGROVE鎌倉チームが優勝!皆様お疲れ様でした!!

 

雨量の激しい“絶好のZwift日和”な本日はグループワークアウトを開催。

本日のテーマはヒルクライムに生きるケイデンスに変化を持たせたインターバルメニュー。

地味にレストがジワジワと脚を削る心折れそうなメニューですが、同じメニューをトライするメンバーのおかげでモチベーションUP!

本日もご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

入荷待ちとなっていた大人気のスマートトレーナー wahoo『KICKR CORE』が本日再入荷!

今回もすぐに売り切れてしまう可能性がございますので、お早めにどうぞ!

今回ご紹介した商品は当店通販サイトBIKE ONLINEからもお買い求め頂けます。
↓ wahoo製品はこちら ↓
https://www.bike-online.jp/SHOP/list.php?Search=wahoo

 

 

〜緊急事態宣言解除後の対応について〜

お客様の安全とスタッフの健康状態を保つ為、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。


2020.Jun. 26

ツール・ド・フランスの優勝者、アイアンマンやタイムトライアルの世界チャンピオンといったトップアスリートのバイクに装着されているペダル【 SPEEDPLAY 】

独自に革新的なシステムを開発し、クリートとの一体感がスムースなペダリングと安定感を約束します。

その独自の構造から、クリートの細かな位置調整についても大きなアドバンテージを持っており、長年に渡り多くのトップレーサーからホビーレーサーのライディングをサポートしています。

その秘密は、クリート取付時の位置調整の際に、縦位置、横位置、フロート角度 を個別に調整できる SPEEDPLAY 独自の機構にあります。

多くのペダルメーカーのクリートが、上写真の様に縦・横を一度に調整せざるを得ない仕組みであり、フロート角度( ペダルとクリートが嵌っている状態でシューズを左右に動かせるあそびの幅 )も使用しているクリートの種類で決まってしまいます。

左からプラスチックベースプレート、スプリングハウジング、メタルボトムプレート

対して、SPEEDPLAY のクリートは調整に関わる部分がそれぞれ分けられており、3つのパーツでより正確かつきめ細やかな調整が可能です。

シューズに対して最初に取り付けるパーツが【プラスチックベースプレート】

このパーツは紫色のスナップシムという横から見るとアーチ形状になったシムと黒色のベースプレートが一体になって構成されています。

元々付いているシム以外にアーチ形状がより深くなっているシムも付属しています。

シューズのソールとシムのアーチが合っていないと、上写真のようにプレートとシューズに隙間が生まれてしまいます。

ペダリング効率、クリート脱着に悪影響が出てしまう他、部品に過度な負担をかけてしまうので適切な組み合わせで使いましょう。

ブラックプラスチックベースプレートで、縦位置すなわちクリート位置を前方よりにするか後方よりにするかの調整を行います。

次に、【 スプリングハウジング 】の上に【 メタルボトムプレート 】を重ねます。

縦位置が決定しているベースプレートに重ねて4点のボルトを仮締めした状態で、横位置を決定します。

最後に、【 スプリングハウジング 】の横側から飛び出ている上下のイモネジを使ってフロート角度を調整します。

上写真の様に、下側のネジで踵を外側にずらした時のあそびを調節でき、上側のネジで内側へのあそびを調節できます。

人間の体は誰しも身体各部の長さや太さ、柔軟性などの「左右差」というものをもっており、その差がペダリング時に描く脚の軌道のクセとなって現われることがあります。

こういった特徴を考慮したきめ細やかなセッティングも可能なのがこの「SPEEDPLAY」最大の特徴です。

  

SPEEDPLAY はペダルの肝である回転部分の品質も優れています。

精密なカートリッジ、およびニードルベアリングを使用しており、他のほとんどのペダルに見られるような2つのベアリングではなく、3つのベアリングを使用します。

これにより、ペダル本体を薄くすることができ、コーナリングクリアランスを従来のペダルよりも多くとることが可能です。

普段のライドでは、地面や路上の障害物にペダルがヒットする可能性を大きく改善でき、レースシーンなどではコーナーでよりバイクを倒し込むことができ、ペダリングをしながらでも余裕をもってバイクをコントロールできます。

コーナーワークが勝負を分けるレースにおいても非常に有効なペダルです。

 

ペダルボディサイズを抑える為、ベアリングは小さなサイズを使用しております。長期間パフォーマンスを発揮させるためにも定期的なグリスアップやオーバーホールを行うのがオススメです。

 

SPEEDPLAYペダルは、ペダルとクリートが一体化した時に、クリートの内部にペダルが潜り込むように隠れる仕組みになっています。

シューズとペダル軸が近く接することにより、ペダリング時やペダルの上に体重を乗せてバランスを取っている時の ” ダイレクト感 ” を体感して頂けるでしょう。

そしてペダル本体の飛び出しが少なくなることにより、空気抵抗の削減に効果を発揮し、クリートを覆っているZero Aero Walkable™ クリートカバーに施されたゴルフボールに代表される表面のディンプル加工で、エアロダイナミクスを更に向上させます。

昨今のエアロダイナミクスを重視したバイクとの相性も良好ですよ。

私もSPEEDPLAYを愛用しておりますが、ロードバイクに乗り始めてから慢性的に抱えていた右膝痛もここ数年は発症しておらず、安心してペダリングに集中できます。

ペダルに必要な要素を高いレベルで備えており、自分にとって無理のないペダリングをサポートしてくれる SPEEDPLAY のペダルは毎日のライドで欠かせない存在になっています。

” 面 ” ではめ込むイメージです。

シューズをビンディングペダルに嵌め込む際の方法として多くのペダルメーカーが、つま先からエントリーして最後に踵をペダルに押し付けるような嵌め方が一般的ですが、SPEEDPLAYはペダルを踏み込むようにしてシューズと接合します。

ペダリング動作の延長のような感覚で、嵌め込めるのでとてもナチュラルに装着できます。

また、ペダルの装着時に、万が一踏み外してしまう様な時でも足の裏全体でペダルへエントリーしている分、踏み外した時のリカバリーがし易い一面もあります。

特に、ビンディングデューを控えていらっしゃる方は、ペダルとクリートが固定されることに不安を感じたり、扱えるか心配な方も多いのでは?

ロードバイクにも慣れてきて、いよいよビンディングデビューをお考えの方にも是非 SPEEDPLAY のペダルをオススメ致します。

 


店頭にて SPEEDPLAYペダルとクリートを各種御用意しておりますので、今回の記事でお伝えしきれなかった性能や特徴、ビンディングペダルそのものについても遠慮なく御相談くださいませ!

梅雨時はセッティングを見直すのに良い機会かもしれませんね。

 

今回ご紹介した商品は当店通販サイトBIKE ONLINEにも掲載しております。

是非ご活用ください。

未掲載商品に関しても、店頭にストックしている商品がございますので遠慮なく御相談くださいませ。

SPEEDPLAYペダル 掲載ページはこちら!

 

〜緊急事態宣言解除後の対応について〜

お客様の安全とスタッフの健康状態を保つ為、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。


2020.Jun. 17

天候が不安定でなかなかライドの予定が組みにくい梅雨時は、楽しく乗った愛車のオーバーホールをするのにオススメのタイミングです。

日頃のチェーンの注油や洗車といったお客様ご自身によるセルフメンテナンスを行なって頂いているこちらのGAN RS。

納車から2年弱でしょうか、初めてのオーバーホールでピットインしていただきました!

一見、綺麗に見えるバイクも分解してみるとダストで真っ黒。

もちろん、雨のライドが多かったというワケではございません。

ヘッドパーツには錆が見受けられました。

トレーニングに熱心なライダーや、沢山の汗をかくヒルクライム好きのライダーは特に要注意!

滴り落ちた汗は意外にも奥深くまで届いてしまうモノなのです。

オーバーホールをして頂くことで余計にパーツ交換をする事なくgoodコンディションを保つ事ができます。目安は1年に一度がオススメ。

ポジションも固まったので余分なコラムはカットして見た目も綺麗にスッキリとしました。

分解せずには手の届きにくい隅々まで徹底的にクリーニングを行い、フレームもパーツもリフレッシュ!

オーバーホールしたてのキレ良く、なめらかなライドをご堪能くださいませ。

快適に安全にライドを楽しむ為にも定期的なメンテナンスは必要不可欠。

オーバーホールのご相談はお気軽にスタッフまでご相談ください。

 

 

〜緊急事態宣言解除後の対応について〜

お客様の安全とスタッフの健康状態を保つ為、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。


2020.Jun. 15

平素は当店をご利用いただき、誠にありがとうございます。

新型コロナウイルス感染拡大に対し、発令された政府の緊急事態宣言が解除されました。

しかしながら未だ予断を許さない状況である為、当店におきましては当面の間、

下記の対応を継続しながら6月20日(土)よりレンタサイクルを再開いたします。

 

〜緊急事態宣言解除後の対応について〜

お客様の安全とスタッフの健康状態を保つ為、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。

当店のレンタルは鎌倉で唯一のスポーツバイク専門レンタサイクルとして沢山の皆様にご利用頂いております。

MTBでのんびりと観光をしながら鎌倉の街をめぐる事も出来ますし、ROADバイクで三浦や箱根などへツーリングに行ってもOK!

ご購入前の確認のために借りて頂いても良いかもしれませんね。ロードバイクやマウンテンバイクがどんなものなのか体感して頂けます。

詳しくはGROVE鎌倉 レンタルバイク ホームページをご覧ください。

皆様のご利用をお待ち致しております。

 

お客様におかれましても下記のご協力をお願いいたします。

○ ご来店時にはマスクの着用をお願いいたします。未着用の方のご来店はお断りさせて頂いております。

○ 発熱や風邪などの症状がある場合にはご利用をお控えください。

○ 大人数でのご利用や店内の状況により入店制限をさせて頂く場合がございます。

○ 新しい生活様式に基づいた行動のご協力をお願いいたします。

 


2020.Jun. 14

Redbullライダー“Matt Jones”シグネチャーモデル『ALCATRAZ』のカスタムをさせていただきました!

Newクランクをインストール前に下ごしらえ。

カーボンフレームやプレスフィットBBの普及により、少なくなった印象のネジ切りタイプ。(最近はその信頼性の高さから改めて採用するモデルが出てきましたね!)

せっかく良いパーツへとグレードアップするので、フレーム側のコンディションも整えておくのがオススメ。

ネジ山とフレーム端面をしっかり整えてNewクランクをインストールさせていただきました。

クランクはRACE FACE『TURBINE』をセレクト。

チェーリングがダイレクトマウントとなった事でスパイダーアームの制約から解放。

ライディングスタイルに合わせた26tの低いギヤ比へとセットアップいたしました。

これでダニエルやオットピといったテクニックがやり易くなりますね!

転がりの良く軽量なMAXXIS DTHに軽量チューブをアッセンブル。

余分なシートポストもカットし、トータル1kg以上ものダイエットが成功しました!

 

梅雨入りでフィールドクローズが多いこのシーズン。

メンテナンスやカスタマイズには絶好のタイミングです。

お気軽にスタッフまでご相談くださいませ。

 

 

〜緊急事態宣言解除後の対応について〜

お客様の安全とスタッフの健康状態を保つ為、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。


2020.Jun. 12

高温多湿な日本に夏に最適な『S-WORKS 7 VENT』が登場し、現在SPECIALIZEDのシューズは“S-WORKS”グレードだけで3種類ものラインナップがあります。

高剛性とフィット感『S-WORKS 7』

酷暑でも快適性を保つ『S-WORKS 7 VENT』

超軽量で絶妙なしなやかさ『S-WORKS EXOS』

それぞれキャラクターの違うシューズを改めて比較してみましょう。

 

■SPECIALIZED S-WORKS 7 ¥37,000-(税抜)

 

■SPECIALIZED S-WORKS 7 VENT ¥40,000-(税抜)

 

■SPECIALIZED S-WORKS EXOS ¥48,000-(税抜)

 

 

【V.S アウトソール剛性】

S-WORKS 7
S-WORKS 7 VENT
S=WORKS EXOS

それぞれアウトソールの剛性指数は下記のとおり。

【S-WORKS 7】stiffness index 15

【S-WORKS 7 VENT】stiffness index 13

【S-WORKS EXOS】stiffness index 13

スプリンターに愛されるのも納得の剛性指数“15”は『S-WORKS 7』

ペラペラの極薄カーボンソールからは考えられないほど高い剛性を誇るシューズで後に記述する構造とのマッチングが良くライダーの出力を逃さずパワー伝達できるシューズに仕上がっています。

一方で『S-WORKS EXOS』と『S-WORKS 7 VENT』は剛性指数“13”

比類なき軽量化を実現する為『S-WORKS EXOS』のアウトソールは剛性を極力落とさず徹底的に肉抜き軽量化を果たし、シューズ全体の重量は驚きの数字に仕上がりました。

一方で最新作の『S-WORKS 7 VENT』は「S-WORKS EXOS」をベースに開発が進められました。

軽量化としての肉抜き構造を、熱気を逃す“ベンチレーション”として利用しています。

 

【V.S トゥ・アッパー・BOA】

3種類の共通するスペックとして挙げられるのが超高強度でありながら、薄く軽量な“DYNEEMA”素材のアッパー。

軽く、高強度という素材の特性からアウトドア用品にも多く採用される最先端の素材を使用しています。

 

まずは『S-WORKS 7』

S-WORKS 7
S-WORKS 7

しっかりとしたその造りはトレーニングからレースまでこなせる耐久性あるシューズです。

剛性とフィット感優れる『S-WORKS 7』では2つのBOAダイヤル締め上げでも甲への当たりがソフトな厚めの“タン”を使用しています。

 

S-WORKS 7 VENT

続いて『S-WORKS VNET』

「S-WORKS 7」をベースにしたアッパーに効率良く吸気・排気させるベンチレーションを搭載しました。

これはあくまで快適性を上げる為の構造で軽量化を狙ってのことではありません。

S-WORKS 7 VENT

「S-WORKS 7」同様に厚めの“タン”にも熱気を排出できるメッシュ加工がなされています。

 

S-WORKS EXOS

異次元の軽さを誇る『S-WORKS EXOS』は1つBOAダイヤルスタイル。

センター部分にBOAダイヤルを配置したシューズは甲への圧迫感を感じやすいものですが、分厚い“タン”により違和感を感じません。

また他2つのモデルよりも薄いアッパー素材を採用し、ここでも軽量化を図ると共にシューズ全体の“しなやかさ”にも繋がっております。

まるで素足のような軽さとしなやかさは是非ご試着して体感してみて下さい。

 

【V.S ヒールカップ】

S-WORKS 7
S-WORKS 7 VENT

フィット感を重視した『S-WORKS 7』と『S-WORKS 7 VENT』はそれぞれヒールカップを採用し、踵のホールド感を高めています。

その結果、ブレにくく引き足を意識しやすいのが特徴です。

S-WORKS EXOS

一方『S-WORKS EXOS』ではヒールカップは未搭載。

ここでも軽量化を狙っています。

ヒールカップを未搭載とした事で今まで踵のフィット感が合わなかったライダーにも違和感なく履ける癖の無いシューズに仕上がりました。

ヒールカップが無くてもシューズが履きやすいようストラップが設けられています。

 

【V.S 重量】

S-WORKS 7
S-WORKS 7 VENT

代表して42サイズで測定いたしました。

【S-WORKS 7】240g

【S-WORKS 7 VENT】242g

【S-WORKS EXOS】152g

重量比較では、やはり『S-WORKS EXOS』が圧勝。ペダリング中も体感できるレベルでケタ違いに軽いです。

『S-WORKS 7』と『S-WORKS 7 VENT』はほとんど製品誤差範囲の微差。

快適性を向上させる為、あれだけのメッシュ加工を施した事を考えると『S-WORKS 7 VENT』はとても優秀ではないでしょうか?

 

あなたならどのシューズを選びますか?

モデルによってサイズ感やサイズラインナップは異なります。フィッティングやシューズ選びは是非スタッフまでご相談くださいませ。

 

 

〜緊急事態宣言解除後の対応について〜

お客様の安全とスタッフの健康状態を保つ為、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。


2020.Jun. 7

本日まで開催されているZwiftを利用した“バーチャル版”Mt.富士ヒルクライムに参加してまいりました!

2日間に渡り、朝・昼・夜と3回開催しており、何回でも自由にエントリーが可能です。

本日、朝の部 Bクラスにエントリーしてバーチャルヒルクライム を楽しませていただきました。

バーチャル上のスタート待機場所へ着くと10分以上前にも関わらず、すでに多くのライダーで賑わっています。

最終的にはBクラスだけで140名以上ものライダーが“Alpe de Zwift”に挑んだようです。

スタート直後、先頭集団の流れに乗り遅れてしまい70位程から登り口までにジリジリ順位を上げていきます。

実走と同じく先行する選手の後ろに付く事でスリップストリームに入り、脚への負担が軽減するのはゲーム性の高いZwiftならでは。

徐々に順位を上げ、本格的な登りに入るまでに15位ぐらいまで上がっていけました。

その後はなかなか先行グループに追いつけず13位でフィニッシュ。

一緒にご参加いただいたお客様はBクラスで見事3位入賞!おめでとうございます。

リアルも、バーチャルも、Mt.富士ヒルクライムは苦しく楽しく達成感満載でした!!

一緒にご参加いただいた皆様ありがとうございました。

 

6月もインドアイベントを多数開催予定です。

ぜひワイワイとバーチャルライドを楽しみましょう!

次回グループワークアウト開催予定日

■6月14日(日)/21日(日)/28日(日)

「Zwift始めたいけど、やり方がよくわからない」という方はしっかりとサポートさせていただきます!是非ご相談下さいませ。

※当店でローラー台をお買い上げ頂いたお客様向けのイベントとなります。ご了承いただきますようお願いいたします。

 

ZWIFTが楽しめるスマートトレーナーは当店通販サイトBIKE ONLINEでもご購入頂けます。

6月よりROAD PARTSも取扱いを開始!是非ご活用ください。

今なら商品合計9,800円以上で送料無料キャンペーン中。

スマートトレーナー関連ページはこちら 

 

〜緊急事態宣言解除後の対応について〜

お客様の安全とスタッフの健康状態を保つ為、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。


2020.Jun. 6

世界中のサイクリストから絶大な支持を得ている最新パッドを採用したビブショーツ“Equipe S9”シリーズ。

ビブショーツの構造を一から見直し、格段にフィット感が向上。

全てはライダーが快適にストレスなくライドを楽しむ為に開発されるASSOSのプロダクツ。

全方位に渡って進化を遂げたS9世代のテクノロジーをここでおさらいしたいと思います。

先代の「S7 Equipe」
最新シリーズである「S9」世代

最も特徴的で目立つ部分がこのバックビブ部分の“carbon Xbib”

その名の通り、1本の素材を折り返しX型に作られた単一構造のビブは従来の構造とはまるで異なります。

カーボンを混合した新素材は優れた速乾性と抗菌性を合わせ持ち、その構造はアグレッシブな姿勢の変化にも強く、パッドのズレ防止にも一躍買っています。

また、従来の構造よりも背中がオープンになったことで格段に背中の汗抜けを助け、猛暑のライドや室内トレーニングでも快適性向上を約束してくれます。

自動車サスペンションのスタビライザーから発想を得たという「rollBar」
パッドを支えrollBar/Bibと接続するパネル「ergoBox」

“carbonXbib”から下へいくと“rollBar”と続き、パッドと周辺パネルをしっかりと支えるのがこの“ergoBox”

このパッドを支える“ergoBox”パネルを“rollBar”が均一に引っ張り上げ、かつ激しい動きにも追従する事でパッドのズレを防ぎ快適で安定したペダリングを可能にします。

そして左右に広がるのがこの“Butterfly Pattern”

脚を包み込むようにデザインされ、たった2枚のパネルから構成されます。

縫い目が削減され、脚周りのしなやかで抜群のフィット感はこのパネルによるものです。

最新パッドである「Equipe RS Insert」

完成度が高かったS7パッドはさらなる進化。

先代モデルで高い評価を得た、通気性を向上させるワッフル構造や、身体への追従性を持たせるゴールデンゲート。

さらに低反発性をアップデートした8mm厚のフォームに大胆なエアベンチレーションを設け、コンペティションからロングライドまで快適にこなせる万能かつ優秀なパッドに仕上がりました。

 

■ASSOS Equipe RS Bib Shorts S9 ¥28,600-(税抜)

最新テクノロジーを集結した最新ベーシックモデル。

常にサイクルウェアの歴史を作ってきたASSOSが世に送り出す最新モデル。

一度使ったら戻れなくなるかもしれません。

■ASSOS Equipe RSR Bib Shorts S9 ¥42,000-(税抜)

超軽量なEquipeシリーズの最上位モデル“RSR”

S7世代で最上位モデルとされた“カンピオニッシモ”に採用されたファブリックを惜しみなく使用し強度を高め、最低限の素材と構造で“RS”の快適性を実現しています。

 

特に今年はスマートトレーナーを使用したバーチャルライドを楽しむ機会も多く、実走ではルートの起伏変化から姿勢やポジションを自然に調整していたのが一変。

同じ姿勢で長い時間ペダリングを続ける分、負荷の集中や室内ならではの多量の汗によりストレスを感じる事が多いのではないでしょうか?

家の中だとつい油断しがちなウェアですが、インドアだからこそ快適なウェアを是非お試しください。

多量の汗によりウェアを痛めることを防ぐ為、シャモアクリームやウェアクレンザーといったグッツも併用頂くのがオススメです。

素晴らしいウェアだからこそ長く愛用したいですよね。

6/14までASSOS「TRADE IN-TRADE UP」キャンペーン開催中です。

是非この機会に最高峰のサイクルウェアへグレードアップしてみませんか?

 

 

〜緊急事態宣言解除後の対応について〜

お客様の安全とスタッフの健康状態を保つ為、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。