新着情報

新着一覧


2024.Jun. 18

cannondaleファンのみならずとも必ずといって良い程目を引くEF(Education First)のTEAMバイク。

既に様々なレースでも目にしていることでしょう。

レーシングバイクとしてのパフォーマンスの高さだけでなく、所有者の心も満たしてくれるまさに傑作といっても良いバイクです。

そんな憧れのチームバイクと同スペック、いやそれ以上のバイクが皆様の愛車となるかもしれません。

基本的なパーツ構成は選手に供給されている物と同じ。いわゆる完全レプリカ仕様

コンポーネントはSHIMANO DURA-ACEを採用し、ホイールはVision METRON 60 SL DISCそれに合わせられたタイヤはVittoria CORSA PRO 28c、クランクにはFSA POWERBOX K-FORCE TEAM EDITION、コックピットにはもちろんMOMOハンドルが鎮座しております。

サイズ展開は全部で3サイズ

■48  クランク 170mm コックピット 90-400mm シートポストオフセット 0mm

■51  クランク 170mm コックピット 90-400mm シートポストオフセット 20mm

■54  クランク 172.5mm コックピット 100-420mm シートポストオフセット 20mm

となっております。

ちなみにこちらのおなじみのデカールについてちょっとした小ネタですが、選手達が使っているバイクは『CANN-S6HM』Hi-MOD(Series1)の使われたフレームですが、この度販売が決まったバイクは『CANN-S6SL』正真正銘のLAB71(Series0)となっております。(※規定重量の関係によるとの事)

つまりは実際にレースで使われているよりもハイスペックバイクに仕上がっております。

 

SuperSix EVO LAB71 Team

size : 48 / 51 / 54

販売価格 ¥2,200,000-(税込)

 

価格は大台を突破しておりますが、全体的なスペックを見れば納得

納期予定は今のところ7月下旬頃の見込み

全サイズ合わせても10台程度の入荷しかありません。抽選ではなく先着順での受注なので争奪戦は免れないでしょう。お早めのご決断が吉となります。

皆さまのご予約、お待ちしております!


2024.Jun. 5

業界に激震を走らせたSYNCROSのホイール ”CAPITAL SL” と共同開発したことで、

一気に注目された「SCHWALBE PRO ONE AERO」が本日入荷いたしました!!

 

まだ新品タイヤを下したばかりの私ですが、我慢できず早速My Bikeにインストール!

「PRO ONE AERO」は、その名の通り”エアロダイナミクス”と、

低い路面抵抗を追及し、前後異なる設計になっています。

※パッケージにフロント用・リア用と記載されているので、選ぶ時は要注意!

 

ラインナップは700x28cのワンサイズですが、前後で太さが違います。

フロントは前方投影面積を減らすために少し細く。

荷重がかかるリアは転がり抵抗と耐パンク性を重視し、

トレッドは少し厚く、フロントタイヤに比べるとやや太め。

 

前後内幅19mmのリムに装着しタイヤ幅を計測すると、

フロント27.5mm、リア28.5mmに。

 

共同開発した”SYNCROS CAPITAL SL”のようなワイドリム(23~25mm)に合わせると、

フロントは27.5~28.5mm。リアは29.5~30.5mmほどになるでしょう。

 

そしてタイヤマニアの皆さん、お待たせいたしました。肝心な重量を発表いたします!

 

メーカー公表値よりも実重量の方が良い数値で、

フロントはなんと225g!!

リアは268g。

トレッドを厚くし、耐パンク性重視でもこの軽さ!チューブレスタイヤの中で最軽量クラスです!

 

 

前後別で専用設計され、空力・路面抵抗・軽量ともに最高峰なこのタイヤは、以前から注目されていたため残念ながら現在メーカー欠品中です。

 

路面抵抗・グリップ力・重量・耐久性のバランスが素晴らしく、私が愛用していた「PRO ONE」に比べ、

どのような違いが生まれたのかを今後インプレッションいたしますので是非お楽しみに!


2024.May. 28

毎年恒例の「アルプスあづみのセンチュリーライド(AACR)」に今年も参加してまいりました!

 

AACRは、雄大なロケーションを堪能しながら走れる”日本有数の人気イベント”で、

全国各地から参加者が集まります。

今年は系列店含め50名以上ものお客さまにお集まりいただき、楽しく走ってきました!

イベント前日の受付場所にはブースが並び、ヘルメットやシューズが試着できたり、

ワコーズさんの洗車講習会も開かれていました!

 

そしてJプロツアーでもお馴染み「マビックカー」は、イベント中コースを何回も行き来し、

トラブルがあっても即座に助けてくれます。

手厚いサポートで無事完走出来た方も多いのではないでしょうか。

受付完了後は、お客様と40kmサイクリング。

 

グーグル先生のみを頼りに引いたスタッフ初見のルートで、正直わたしたちもワクワク反面ドキドキもありました(笑)。

いざ行ってみると、目的地の梓湖までとても走りやすい路面で、爽やかな風を感じ前日から満喫できました!(ひと安心…笑)

 

 

そしていよいよ朝。

当店のお客様には晴れ男が何名もいらっしゃるので、今年もしっかり晴れてくれました!

 

参加者が多い為、地元の方々にご迷惑をおかけしないように

各グループ一定間隔をあけて出走します!

あたり一面に広がる絶景を目にし、「うわ~綺麗だな~、幻想的~」と呟いていると、

あっという間に「第1エイドステーション」に到着。

 

ここでは毎年人気の”ポロネギのポタージュスープ”がおかわり自由!

朝の少し冷えた身体に暖かいスープが染み渡ります。

AACRにこれだけの参加者が集まるのは、どこも絵になる景色の中走れるからです。

もちろん神奈川の景色も大好きですが、

建物が少なく、辺りを見渡すと山の山頂には雪がつもる”大迫力な長野の景色”には心を打たれます。

 

そしてまたズルいのが景色の1本張りではなく、

ご当地グルメ食べ放題付きの多い「エイドステーション」が20~30kmごとに用意されているところ。

絶景→エイド→絶景→エイド…と目まぐるしい展開が続き、欲を完全に満たしてくれます(笑)。

AACRのルートは松本~白馬~松本。

このように聞くと山が多いエリアで、きついルートを想像されるかと思いますが、

初心者の方も参加しやすいようにコース設定されています。

 

私のログでは距離153kmに対し、獲得標高は1336m。

怖いのは景色が良すぎるせいで、本当にこんな上ったか?と思うほど疲れていません(笑)。

楽しい時間はあっという間に過ぎ去り、今年も大きなトラブルもなく無事にゴール!!

 

ゴール地点で販売されていたノンアルコールビールを購入し、皆さまと乾杯!

ご一緒に完走した後のビールは美味しく、グイっと飲み干しました(笑)。

ご参加された皆様、お疲れ様でした!

 

イベント運営の方、暖かく歓迎してくれた地元の方、

ボランティアスタッフの皆様のおかげで、楽しいライドイベントを送ることができました。

本当にありがとうございました!


2024.May. 20

平素より当店をご利用頂き誠にありがとうございます。

5月25日(土)・5月26日(日)はイベント参加の為、誠に勝手ながら臨時休業とさせて頂きます。

ご利用の皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

・5月24日(金) 通常営業

・5月25日(土) 臨時休業

・5月26日(日) 臨時休業

・5月27日(月) 通常営業


2024.May. 14

目覚ましい勢いで進化をしていく自転車達。

この10年も例外ではなく、ディスクブレーキ化やカテゴリーの確立など多くの革変がありました。

そんな中、ご依頼いただいたのが「約10年前のタイムトライアルバイク(TT)を最新Di2へとアップグレードする」というもの

出来るのか、、我々スタッフも手探りの中、最終的には最高のバイクが仕上がったことをここに記録します。

 

まず初めに課題となったのが、10速の105が搭載されているためホイールが使えないということ。

フリーボディを変えるなどの荒業をすれば利用可能ですが、基本12速には対応していません。

そのためホイールを一新していただき、前後ホイールで新旧分かれた他にはない車体へと生まれ変わりました。

お次は掃除編。

なかなかいい感じに汚れています。

塗装にダメージの少ないディグリーザーで、つもりに積もった汚れを溶かして洗い流していきましょう!

ピョンピョン出ているアウターワイヤーは組立時にライナーとして利用します。

うん。気持ち良き!

 

何ということでしょう。

フレームが輝きを取り戻しました。

さらにガラスコーティングを施工したことでグロスに艶が増し、汚れの付着を予防します。

 

ポジション上、ヘッドパーツ内に汗が侵入しやすいTTバイク

海沿いの多いレース現場も踏まえ耐塩水グリースを塗布します。

 

交換して使わなくなったパーツも洗浄をしていきます。

処分してしまうとしても、長年愛用してきたパーツたちを奇麗な状態で見ると「この傷はあの時の」と思い出に浸れるのも自転車の良いところ。

全て持って帰ると捨てる踏ん切りがつかず邪魔者になってしまうパーツたち

オーナー様は場所を取らずよき思い出となるチェーンリングをお持ち帰りされました。

時計などにリストアできるパーツなので、今後も大切にしていきたいですね。

 

忘れられがちなペダルもしっかりとオーバーホールしていきます。

中身を空けてみるとびっくり!水化したグリスや汚れが出てくる出てくる。

ペダルも定期的なオーバーホールが大切ですね。

 

Di2化をする上で避けられないバッテリーの格納。

10年前は内蔵ではなくダウンチューブ上に設置していたため、バッテリーを抑える専用のホルダーなんてものはある訳もなく、、

模索していく中で現在最も主流であるシートポスト内に入れられるか試したところ、なんともまぁシンデレラフィット。

これは作るっきゃねぇ!ということで

これから何十年と使用することを念頭に最適な材料で一から自作をしました。

ピッタリでは落ちてきてしまう可能性があるのでできるだけタイトに、そしてしっかりとフィットしている形状に削り出しました。

良い出来栄えではないでしょうか。

 

今までワイヤーが通っていたため独立していた配線もDi2になったことでひとまとまりに。

バーエンドキャップを加工することでDHバーの配線もグッドです!

 

補給食を入れるための蓋なのか使用方法はわかりませんが、この蓋を利用してジャンクションをまとめています。

この加工により全内装を実現することが出来ました。

 

リアブレーキのワイヤー配線が複雑で抵抗感の大きい問題もゆとりを持たせて解決。

BB下に見える蓋の中で旧Eワイヤーと新Eワイヤーが複雑に内装されています。

今回全てを内装にすることが出来たのは奇跡であり、とても気持ちの良い瞬間でした。

 

ハンドル周りを除くすべてのワイヤーが完全内装となり、10年前の車体とは思えない仕上がりに。

大変お待たせいたしました。

生まれ変わったスーパーバイクを存分にお楽しみください!


2024.May. 3

「軽量性・エアロダイナミクス・デザイン」すべてを美しくまとめた芸術品と、発表されたばかりの最新機材「SHIMANO 105 12s 機械式」をパッケージにした cannondale「Supersix evo」をご納車させていただきました。

カスタム次第でイメージをガラッと変えるブラック

ご納車まで「ここにはこの色で、このパーツにしたらこうなるかな」と試行錯誤しながらお客様の理想像へと近づけていきます。

今回は「内なるカッコよさ」を求めて、赤を基調としたカスタムへと決定。

我々スタッフもお客様と共に至高のお時間を過ごさせていただきました。

細かな箇所にも赤を取り入れていきます。

性能に影響の少ないパーツをこだわることで、より一層の愛着がわいてきますね。

 

スモールパーツ類は赤に統一しながらもバーテープは敢えての白。

悪目立ちすることなく、シルバーカラーとマッチしたお客様のセンスが光ります。

汚れなんて気にせず好きなカラーを握ってライド中の気分をぶち上げます。

 

当店で行っている「スペシャライズド Retul FIT」をご納車前に施工させていただいたことで最適なポジション・パーツをご案内させていただきました。

今後の「アップグレード&Di2化」を視野にULTEGRAクランクへ。

完成車サドルは130mmと細めのため、スペシャライズドのロングセラー「POWER」サドルで、座骨の安定する幅にしながらカーボンレールで軽量化しています。

 

湘南地域の平坦番長 国道134号で「今まで達成できなかったスピードを出したい!」を叶えるべく「MAVIC COSMIC SLR45」へアップグレード!

現在開催中のMAVICタイヤプレゼントキャンペーンで初のチューブレス化にもチャレンジです。

独自の製品製造誤差を極限まで減らした「Yksion Pro USTⅡ」は着け心地も乗りご心地もグッド

なにより近年高騰しているタイヤをプレゼントしてもらえるこのキャンペーンはNEWホイールを検討されている方必見です!

 

お待たせいたしました。紅蓮の炎が燃えるが如く走る姿を見れるのを楽しみにしております。


2024.Apr. 21

学生の皆さんは受験や引っ越しなど新たなスタートを切る季節。

今まで使っていた自転車が小さくなり、新しい自転車を検討している親御さんも多いのではないでしょうか。

伸び盛りの中学生や高校生は、どの自転車を買えば良いか悩みますよね。

サイズや耐久性、飽きのこないお洒落なデザインで、成長してからも使い続けられるおすすめの自転車 MARIN BIKES「NICASIO SE シリーズ」をご紹介します。

■NICASIO SE ¥90,200- (税込)

マウンテンバイクブームに沸く1986年にカリフォルニア州マリンカントリーで生まれた歴史あるバイクメーカー「MARIN BIKES」

「Made For Fun」のスローガンを掲げ、レースバイクのみならず、ツーリングからストリートまで自転車を楽しむことに情熱を注いでいます。

本格志向のマウンテンバイクも人気ですが、それと同じぐらい推されているのがシティ向け日本限定モデル「SE シリーズ」

本国ではドロップハンドル&前後変速のロードバイクとして販売されているバイクを、日本の街中で使いやすいフラットバー&フロントシングルにカスタマイズされています。

「ロードバイクフレームをクロスバイクに」

これがこの車体の肝で、ロードバイクはクロスバイクに比べコンパクトに設計されています。

適正身長幅が広く、伸び盛りのお子様でも長く乗れるよう今後を見据えてワンサイズ上げても問題なくご利用いただけます。

 

フレームは北米大陸のオフロードに耐えられる頑強なクロモリスチール製。やんちゃに乗っても安心!

20kg以上することの多いママチャリと比べ、約13kgととても軽量なので押し歩きが必要な場面でも楽々です。

昔ながらのシャープな見た目はモダンでありながら長く愛せるデザインになっています。

 

タイヤはロードバイクやクロスバイクより少し小さい「650B」という規格に。

直径が小さい分、タイヤを太くしてエアボリュームを増やせるのでパンクのリスクを減らしながら抜群の安定感と乗り心地。

日本特有の細く複雑な住宅街でも操作しやすく、スポーツバイクが初めての方でも快適にお乗りいただけます。

 

変速は後ろのみの8段変速なので、複雑に感じてしまう変速も右手のみで簡単に操作できます。

前一段の簡略化された変速機はチェーン落ちのリスクも軽減!

部活や教科書などの重たい荷物や、坂で降りそうになるところでもスポーツバイクらしくスイスイ登れちゃいます♪

 

カスタマイズでガラリとルックスを変えられるのもNICASIO SEの特徴。

キャリアやカゴを付けて実用性重視にしたり、はたまたお洒落なパーツでオリジナルのカスタムバイクにしてみたりと乗る方のスタイルに合わせてカスタムが可能です。

ハンドルを変えるだけで乗車姿勢を変えることも可能なので、前傾姿勢が苦手な方にも安心してお乗りいただけます。

「こんな用途で使いたい」「こんな雰囲気のバイクに乗りたい」といったご希望があれば是非スタッフまでご相談下さい!

 

自転車はメンテナンスをして丁寧に乗れば10年使い続けることができます。

当店では末永くご利用いただけるよう、当店ご購入のお客さまに「点検・調整」を永年無料で行わせていただいております。

さらに、パンクなどの修理になった場合にも特別価格にてご案内をさせていただいております。

高価なスポーツバイクだからこそ、定期的なメンテナンスが長持ちの秘訣になります。

お店の前を通った時や少しでも気になる事がございましたらお気軽にご来店ください。

 

カラーバリエーション豊富な「NICASIO SE シリーズ」なら好みの車体に出会えるはず!

全カラー・サイズともに常時展示しております。

学生生活を豊かに彩る相棒をぜひ店頭でご覧ください。

皆様のご来店をお待ちしております。


2024.Apr. 14

4月30日(火)までのキャンペーン期間中、MAVIC 対象製品をお買い上げ頂いたお客様に“ホイールとの相性抜群!”転がり・乗り心地・扱いやすさで高い性能を誇る「MAVIC YKSION PRO USTⅡ」タイヤをプレゼント中です!!

 

対象となる製品は「KSYRIUM SL」または「COSMIC」シリーズです。

一言で「COSMIC」とは言っても、ラインナップは幅広く“DISC”は勿論のこと、“RIMブレーキモデル”も対象となります(KSYRIUM SLも同様にDISC/RIMブレーキが対象となります!)

 

また、リムハイトは“65・45・32”と3種全てのモデル、さらには“SLR”・“SL” 両グレードOK!と、全10種類もの製品が今回のキャンペーン対象モデルとなります。

 

【DISCブレーキモデル】

COSMIC SLR 65・45・32 DISC

COSMIC SL 65・45・32 DISC

KSYRIUM SL DISC

 

【RIMブレーキモデル】

COSMIC SLR 40

COSMIC SL 40

KSYRIUM SL

 

プレゼントさせて頂くのは、高精度なMAVICリムにパーフェクトマッチングするチューブレスレディタイヤ「YKSION PRO USTⅡ」。

タイヤレバー無しでもタイヤの脱着が出来て、尚且つルーズ過ぎない高い安全性と信頼性。

その秘密は、リム・タイヤ共に非常に厳しい製品製造誤差の管理基準をクリアしているという点にあります。

おかげで、チューブレスレディのタイヤでありがちな「タイヤビードが上がらない!」というストレスもありません。

1本あたり販売価格 11,000円の高性能タイヤを「COSMICシリーズ」をお買い上げの方には2本、「KSYRIUM SL」をお買い上げの方には1本プレゼント!

タイヤは25cまたは28cの2サイズよりお選び頂けます。

 

さらに!今ならサイクリングに必要不可欠のアイテムを“もう一品”プレゼントさせていただいております(数量限定)

詳しくはスタッフまでお問い合わせくださいませ。

 

寒い冬がようやく終わり、絶好のサイクリングシーズン到来です!!

ぜひこのお得な機会にホイールをカスタマイズして、より一層楽しいサイクリングライフをお過ごし頂けたらと思います。

リムハイトやモデル選びでお悩みの際はお気軽にスタッフまでご相談くださいませ。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。


2024.Apr. 9

超軽量なクライミングバイクでありながら高い速度域でも大きなアドバンテージを持つ“真のオールラウンダー”として登場したALL-NEW「Specialissima」

最近では“日本バイシクル・オブ・ザ・イヤー2024”で全66車種もの候補から、最終選考モデルにまでノミネートされた事で話題となりました。

その“新型Specialissima”の性能を体感頂ける試乗会の開催が決定いたしました!!

 

下記の期間中、GROVE 2店舗で開催させていただきます。

4/27(土)〜4/29(月・祝)GROVE青葉台店

5/3(金・祝)〜5/6(月・祝)GROVE鎌倉店

 

試乗会ではフラッグシップモデルとして君臨する、Specialissima “RC”をはじめ“PRO”、そして“COMP”。

なんとSpecialissimaファミリー全てのモデルをご用意させていただきます。

さらに前回の試乗会で、多くの方に高い評価を頂いた「OLTRE PRO & COMP」の試乗車も再び登場!

それぞれ異なるコンセプトで設計されるBianchi ロードバイクの乗り比べが可能です。

 

Bianchi 店頭試乗会

■日程・会場①:4/27(土)〜4/29(月・祝)GROVE青葉台店

■日程・会場②:5/3(金・祝)~5/6(月・祝)GROVE鎌倉店

■受付時間:12:30~17:30

■試乗時間目安:30分程度

■申込:ご予約優先

 

さらに!今回は上記の店頭試乗会に加え、よりしっかりとバイクの性能をお確かめ頂ける“プレミアムテストライドイベント”を開催させていただきます。

 

Bianchi プレミアムテストライド

■日程Ⓐ・会場:4/27(土)GROVE青葉台店

■日程Ⓑ・会場:5/3(金・祝)GROVE鎌倉店

■時間:8:00~12:00

■参加費:5,000円(税込)※記念品プレゼント・試乗後のご成約特典あり

■試乗時間:約4時間

■コース:混雑したエリアから抜け出し、じっくり集中して最新モデルの性能をお楽しみいただけます。

平地はもちろん、登り・下りの起伏変化に富んだルートをご用意しております。

Bianchiロードバイクの特性を思う存分ご堪能くださいませ。

■申込:完全予約制

 

Specialissima RC
Specialissima PRO
Specialissima COMP
OLTRE PRO
OLTRE COMP

 

【試乗モデル/サイズ】

・Specialissima RC / 53・55

・Specialissima PRO / 47・50・53・55

・Specialissima COMP 53

・OLTRE PRO / 53・55

・OLTRE COMP / 50

※モデルは都合により変更となる可能性がございます。

※ご試乗頂くにあたり身分証のご提示が必要となります。お忘れのないようお願いいたします。

 

プレミアムテストライドイベントは完全予約制、店頭試乗会はご予約優先とさせていただいております。

ご試乗希望のお客様は下記事項をご記入の上、メールにてご連絡下さいませ。

 

■参加希望イベント(プレミアムテストライド or 店頭試乗会)

■ご希望の日程(店頭試乗会ご参加希望のお客様)

■ご希望の時間

■お名前

■電話番号

■試乗希望モデル/サイズ

 

皆様のエントリーをスタッフ一同、心よりお待ちしております。


2024.Apr. 2

初夏を思わせる暖かい日となった日曜日はSTEP UP ツーリングイベントを開催させていただきました。

まだ3月末だというのに異例の暖かさ。グングンと気温が上がり、24℃を超えて夏日目前の気温となりました。

東京都心ではさらに暖かく、なんでも28℃を超えたとか…!

 

快適にサイクリングを楽しむ為にはウェア選択が大きなカギを握っています。

異例の暖かはさておき、例年通りのデータで見ても3月中旬〜5月は朝と日中で寒暖差が大きく、体温調整ができるアイテムをチョイスしておくのが大切です。

コアを冷やさない適度な保温力を持つハーフスリーブタイプのインナー+アームウォーマー、早朝スタートの方や高い標高までヒルクライムを楽しむライダーは、更にシェルやジレを装備しておくと安心です。

 

今回のツーリングは下曽我〜大井町エリアへ。

黄砂の影響か、ぼんやりしていた富士山でしたが、近づくにつれはっきりとその姿を現してくれました!

 

色とりどり、カラフルで春らしい景色や長閑な雰囲気に癒されたり。

キリッと透き通るクリアな空気の冬も好きですが、やっぱり暖かな春の訪れは何度味わっても良いものですね。

 

時折チャレンジスポットを挟んで楽しんだりしつつ、今回向かったのはブルックスカフェ。

この季節になるとテラス席が最高に心地良く、ひと休憩するのにオススメです。

今回も頑張って登ったので、欲張りセットをオーダーしてしまいました。笑

 

ご参加頂いた皆さま、今回もありがとうございました。

次回のイベントは4/13(土)を予定しております。

皆様のエントリーを心よりお待ちしております。



ARCHIVE