GROVE鎌倉

MTB -マウンテンバイク-


2020.Jul. 7

フルサスバイクでガンガンコースを下っている時にふと感じる事。「ここで上手くジャンプできればもっと楽しくなるかも。」そんな話をよく耳にします。

ただ、フルサスバイクでは重量もそれなりにありますし、サスペンションがあることで踏ん張った時に上手く力を伝えられない事もありますよね。

そんな時にはやはりそれに適したバイクで練習することがスキル習得への近道。

やりやすいバイクでスキルを習得した上でいざメインバイクで練習をすると、とても効率よく実際のシチュエーションに役立てることができます。

そこでお勧めなのがこちら

■MARIN BIKES ALCATRAZ COMP  size:ONE SIZE

color:GLOSS MAGENTA / CYAN / Hi-VIS YELLOW / BLACK

メーカー価格 ¥165,000-(税抜)

 

UKのスロープスタイルライダー『Matt Jones』が完全監修し、

彼自身のライディングをより高めるために設計されました。

チェーンステーレングスは395mm。この手のバイクとしては際立って短いわけではありませんが、一般的なマウンテンバイクよりはかなり短いですよね。

そしてBBドロップは22mm。色々なメーカーで25mmが多くみられますが、ジャンプバイクにしてはやや高め。たった数ミリの差ですが、この差がフロントアップのしやすさに繋がっていくんです。

BBドロップは低くなれば安定感が増し扱いやすくなり、高くなると重心を後ろに移しやすくなるのでフロントが上げやすくなります。

ただ、高すぎてしまうとちょっとしたことで捲れてしまう事もあるので、この3mmがMARINのこだわりといった所でしょうか。

 

梅雨時期は1日かけてコースに行くこともなかなか難しい時もありますので、ちょっと時間の空いた隙に近所で基礎練習をしてみてはいかがでしょうか。

最後にメーカーのPVがありますので、イメージを膨らませてみてください。

 

こちらの車体は当店通販サイトBIKE ONLINEでもご購入頂けます。是非ご活用ください。

MARIN BIKESページはこちら


2020.May. 21

「XCレーシングバイク=軽量さが最優先」という常識から多くのバイクブランドがハードテール主流のなか登場した初代『Scalpel』

Leftyサスペンションフォークや超大径パイプを使用したフレームなどCannondale独自の技術満載で“超軽量なフルサスXCバイク”として初めて見た時は衝撃を受けた思い出があります。

この時の『Scalpel』に搭載したリアサスペンションシステムは路面にタイヤをグリップさせる“トラクションを与え続けるペダリングの為”のシステムでした。

サスペンションレイアウトにホイールサイズやジオメトリー。

他モデル同様『Scalpel』もまた、進化をしながら形状が変わっていきますが、ライダーが求めるペダリングフィールと重量の点からダウンヒル時にアドバンテージを得る程のサスペンションシステムにはできないという課題点がありました。

 

初代登場から18年余り。

本日デビューする新型『Scalpel』は“従来のXCレーシングバイク”では考えられない「レスポンス」「クライミング」「ダウンヒル」全てを併せ持つバイクとして誕生いたします。

一見すると先代モデルに似たシルエットを持つ新型『Scalpel』ですが、ダウンヒルの性能を飛躍的に高める為、システムを一新。

最も理想的と言われる“ホルストリンク”へと形を変えました。

「スムーズに悪路を走破するMTBのサスペンションシステムとして最も理想的」と称される“ホルストリンク”ですが「XCバイクには向かない」とされてきました。

その理由は“リアエンド付近のリンク構造により剛性が落ちやすく、欠点を補うには重量が犠牲になるから”

ライダーが求める「レスポンス」と「クライミング」性能が低下してしまっては意味が無かったのです。

その弱点をCannondaleは独自のアイデアと技術で解決しました。

その名も「flex pivot」

このテクノロジーは従来の「SAVE」では全く無く、サスペンションシステムの為だけに開発されました。

プレート状のチェーンステーがピボットとしての役割を担い、同時に横剛性を確保しキレの良いペダリングフィールを実現。

同時にボルトやベアリングといった部品点数も少なく済み、軽量化にも貢献するという驚きのシステムです。

リアバックがカスタムされたテストバイク

見た目からすると「本当に大丈夫なのか?」と心配になってしまうほど大胆な形状ですが、ラボでの実験を終えた後、試験的にアグレッシブなトレイルバイク「Habit」に装着され実走行テストを何度もしたそうです。

このバイクに乗るのは勿論このライダー「RutBoy」こと“Josh Bryceland”

彼のアグレッシブなライドにも耐える強度を持ち、生み出されたのがこの“flex pivot”なのです。

同時にBB・メインピボットも一新。

ここでも剛性と軽量さを両立させた“Chain stey Garage”と呼ばれるシステムが誕生しました。

従来のメインピボット
泥の侵入を抑えるガードも搭載した“Chain stey Garage”

ブロック状に成型される左右一体型のチェーンステーが大きく口を開けたシートチューブに格納され、まさに“Chain stey Garage”

“Chain stey Garage”スルーアクスルを抜いた画像

同時にケーブルはBB付近も露出せず完全なインターナルルーティング化がなされています。

メンテナンス性を向上させるためダウンチューブ内にはケーブルガイドも内装し万全です。

サスペンションシステムに使用されるアクスルやボルト類は僅か67g!

更にダウンチューブにはCo2インフレーター、チューブレスタイヤのリペアプラグ・ツールを収納できるストレージシステムも搭載しトレイルライダーには嬉しい仕様です。

 

長いリーチにヘッドアングルは68°と更に寝かせ、組み合わせるショートステムとLefty Ochoにより機敏なステアリングはキープ。

ジオメトリーはよりハードなコースにも対応できるようアグレッシブになりました。

29”とは思えない程、機敏なトラクションと反応性は“Ai”テクノロジーによる436mmと短いチェーンステーの恩恵が大きいです。

サスペンションフォークやクランクセットといった製品を”バイクのシステム”として作れるCannondaleならではのジオメトリーです。

「軽くレスポンス優れたバイクでアプローチやクライミングを楽に」

「安定したアグレッシブなジオメトリーとサスペンションシステムでダウンヒルをより楽しく」

このバイクはXCレーサーの為だけでは無く“トレイルライダー”にもオススメの1台です。

 

■Cannondale Scalpel Carbon 2 ¥590,000-(税抜)

■Cannondale Scalpel Carbon 4 ¥390,000-(税抜)

詳しいバイクスペックやジオメトリーはスタッフまでお気軽にお問い合わせくださいませ。

ALL-NEW『Scalpel』本日より発売となります!!

 

〜政府による緊急事態宣言後の当店の対応について〜

お客様の安全とスタッフの健康状態を保つ為、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。 


2020.May. 20

マウンテンバイクを乗り始めたいなぁと探し始めると大半の方が疑問に感じる事と言えば。。。

タイヤサイズはどれがいいの?という事が挙げられると思います。

では、それぞれの特徴を踏まえてご紹介していきたいと思います。

まず外径の違いについて、ほぼ同じくらいの太さの物で比較すると

27.5×2.25のタイヤの場合、外周 2182mm・直径 約695mm

29×2.3のタイヤの場合で、外周 2326mm・直径 約740mmとなり、

その差は外周144mm・直径45mmとなっていきます。結構大きい差ですね。

ホイールにはジャイロ効果が働くのでそれによって大きなホイール程、安定感が増すことになります。(ジャイロ効果とは、物体が自転運動をすると、自転が高速なほど姿勢を乱されにくくなる現象を指します。)

ただ、27.5インチの目線で見ると径が小さいものほど倒し込みがし易くなるという効果が表れてきます。

続いて転がり性能について

例えば6cmの障害物を乗り越えるとしたときに29は27.5よりも約95%楽に乗り越えることができます。

外径が大きなものの方がゴロンと乗り越えやすくなるという事です。

小さい径の優位点としては最初の漕ぎだしが軽くなりスタートがスムーズになりますね。

上記の事を踏まえて私自身の感じた事をまとめると、29インチに乗った時は直線的なライドや縦の動きに対して非常に余裕が生まれ、一気に下って行くようなシチュエーションでは非常に楽しさを感じました。

対して27.5インチは細かいターンの繰り返しが多いコースでの切り替えしやすさを強く感じ、漕いだ時のレスポンスが良いという印象を受けました。

見方によっては体格の大きな方ほど身体を使って倒し込みがし易くなるので、29でも操りやすいという見方もあるかもしれませんね。

しかし、普段はSサイズに乗っている私でも29を問題なく操れますので、不安な要素はないように感じます。

言えることはどちらも『それぞれに対して比較をすれば』という意味なので、決して29が倒し込めない・27.5が安定しないという事ではないので誤解しないでくださいね。

■KONA PROCESS 153 DL 29

メーカー価格 ¥428,000-(税抜)

■KONA PROCESS 153 27.5

メーカー価格 ¥325,000-(税抜)

当店では29・27.5どちらのバイクもご覧いただけます。

体格などを考慮して29はMサイズ・27.5はSサイズでご用意しておりますので、いつでもお気軽に御相談下さい。お好みに合わせてご提案させて頂きます。


遠方でご来店が難しい場合には当店通販サイトBIKE ONLINEもご活用ください。

PROCESS商品ページはこちら


〜政府による緊急事態宣言後の当店の対応について〜

お客様の安全とスタッフの健康状態を保つ為、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。


2020.Apr. 29

あまり遠出をするのではなくちょっと気分転換に散歩したり、普段のお買い物にも活用できるバイクのご紹介です。

■MARIN PINE MOUNTAIN SOLD THANKS

size:M  color:GLOSS GREEN

メーカー価格 ¥108,000-(税抜)

クロモリフレームに2.8インチの太めのタイヤをインストール。

タイヤが太めなので、ゆくゆくは山の中で遊んでみたいなというマウンテンバイク初心者でも安心してデビューできるバイクです。

また、フルリジットフレームはツーリングやサイクリングにも最適でグイグイと進んでくれますよ。

そしてたまにはこんなスタイルで出かけてみても良いかもしれませんね。

人が多いところを避けて林道サイクリングなどはいかがですか。

さすがにここまでやると大げさに感じてしまう方もいるかと思いますので、リアキャリアとパニアバッグだけ付けておけば普段のお買い物にも便利に使えますよ☆

そしてバッグの中にはこちらのアイテムを忍ばせておくととても良い気分転換ができると思います。

左上 SUPER SUB ハンモック本体(ちょっと大きめ)  右上 ハンモック用ストラップ
左下 SUB 6 ハンモック本体(通常サイズ)  右下 ハンモック用延長ストラップ

■eno(イーノ) ハンモックシリーズ

お手軽にハンモックを満喫できるキットです。

どんなところでもちょっとしたリゾート気分に早変わり。

しっかりとした支えさえれば庭先や屋内でもお使い頂けます。

ハンモックで揺られながらちょっと一息つくなんてあこがれませんか?

外出自粛でもいつもとひと味違うひと時を過ごせば心が和むのではないでしょうか。

いろいろな工夫をしながら楽しみを見つけて辛い時期を乗り越えましょう!


MARIN BIKESは当店通販サイトBIKE ONLINEでもご購入頂けます。是非ご活用ください。

MARIN BIKES商品ページはこちら


政府による緊急事態宣言後の当店の対応についてはこちら


2020.Apr. 23

発表から数ヶ月。

超軽量モーター搭載、ケイデンスと同調する自然なペダリングフィール。従来と比べ、E-BIKEらしかぬスタイリッシュさ。

何よりも“スポーツバイクとしての楽しさはそのまま”という驚きの特徴で世界を圧倒した「TURBO SL」シリーズがついに本日より発売となります!

このバイクの要となる「TURBO SL1.1 モーター」

日本では展開が無いためE-BIKEのイメージが低いSPECIALIZEDですが、実は8年ほど前からE-BIKEを作り続け膨大なノウハウを持っています。

従来のモデルでは約560wもの出力を誇る“ハイパワー路線”でしたが、新型の「SL1.1 モーター」では最大出力が240wとかなり控え目に感じるスペック。

他ブランドでは類をみない“自社開発”により誕生した新型モーターは今までのコンセプトとは違い「スポーツバイクとしての楽しさ」を追求した、かつて無い全く新しい物でした。

“自然なペダリングフィール”と“スポーツバイクとしての楽しさはそのまま”というコンセプトには十分過ぎる最大出力「240w」のモーターユニットは1.95kgと大幅に軽量化を実現。

軽量でシェイプアップされたモーターユニットの誕生により、マウントされるフレームも非アシストのペダルバイクと変わらない程のスタイリッシュさを実現。

当然の事ながら、スマートなフレーム形状は高速巡航の際もっとも大切なエアロダイナミクスにも良い影響を与えます。

 

“出だしはアシスト、その先は軽量さとフレーム設計”が生きるわけですね。

E-ROAD最高峰モデルとなる『S-WORKS TURBO CREO SL』では重量12.2kg /最大走行可能距離195kmと驚愕の数字を叩き出しています。

ツライ登り坂で程良くアシストしてくれるのは勿論、今までは重量増しによるクライミングへの悪影響から、躊躇していた太いタイヤへのサイズアップも行え苦手なダウンヒルまでも克服できるかもしれません。

 

 

一方でE-MTBの最高峰モデルでは重量17.3kgとこれまた驚きのスペック。

これまでのE-MTBでは「登りはラクで楽しいけどMTBらしいアクションや挙動が重たく物足りない」という常識を見事に打ち破っています。

新型モーターを採用した『TURBO SLシリーズ』で登りも下りも、“あなたはあなたのまま”思うがまま駆け巡ってください。

 

まずは優れたコストパフォーマンスが魅力の『TURBO CREO SL COMP CARBON』が入荷いたしました!

バイクについてご不明な点やご試乗について、詳しくはスタッフまでお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

〜定休日変更のお知らせ〜

4月より定休日は毎週木曜日のみとなります。(祝日の場合は前日の水曜日が振替定休日) 

これにより水曜日もご利用いただけるようになりました。

今後もより一層お客様の利便性にお応えできるよう努めて参ります。

引き続き変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

政府による緊急事態宣言後の当店の対応についてはこちら


2020.Apr. 11

人の多いところから離れて、里山の緑の木々と気持ちの良い風の中を颯爽と走る。

そしてたまには海岸線をのんびりと流す。

そんなシチュエーションにちょうど良いバイクが入荷致しました。

■SPECIALIZED EPIC COMP EVO 29

サイズ:S  カラー:Satin Cast Battleship/Mojave

メーカー価格 ¥370,000-(税抜)


EPICというとリアルレーシングなイメージをお持ちの方もいるかもしれませんね。

しかし、EVOの場合フロント120mm / リア100mmのストロークがあるので、XCレーシングというより里山トレイルなどで大活躍してくれます。

それに前後サス付きということは、ハードテイルの様にガンガンとした突き上げではなく、衝撃吸収性も良く「これから自転車を楽しんでみたいな。」という方にもピッタリです。

さらに、EPIC EVOのみが持つ高性能システム『BRAIN2.0』

このシステムがアスクル付近にあることで路面情報を素早くかつ細かくユニットへ伝え、ライダーの状況に合わせて動いてくれるんです。


BRAINとはペダリング時にはオイルの経路が遮断されリアユニットの動きを制限し、路面からの入力を感じるとバルブが開きオイルの流れが生じ、ユニットが自由に衝撃を緩和してくれるというもの。


言葉にすると難しく感じてしまいますが、効果はとてもシンプル。

ペダリング時は無駄に動かず、路面からの衝撃は常に滑らかに吸収してくれるという優れものです。

コンポーネントはSRAM EAGLE 12速 NXシリーズで少しコストを抑えめにアッセンブル。

LOW 50tは本当にありがたいもので、きつい坂を上っている時にもうギヤ残っていないよなぁと思って操作をすると「カチッ!まだあった!」この1枚にどれだけ助けられたことか。

将来的にはTOPに10tを入れられるようにするとさらに戦闘力が上がりそうですね。

■SPECIALIZED EPIC COMP EVO 29

サイズ:S  カラー:Satin Cast Battleship/Mojave

メーカー価格 ¥370,000-(税抜)

見た目も他にはないカラーリングで周りからも注目されそう。

店頭在庫は1台限り。気になる方はお早めにお問い合わせ下さい♪


〜定休日変更のお知らせ〜

4月より定休日は毎週木曜日のみとなります。(祝日の場合は前日の水曜日が振替定休日) 

これにより水曜日もご利用いただけるようになりました。

今後もより一層お客様の利便性にお応えできるよう努めて参ります。

引き続き変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。


政府による緊急事態宣言後の当店の対応についてはこちら


2020.Mar. 17

先日、定休日を利用して静岡県にあるS-TRAILへお邪魔してきました。

S-TRAILと言えばご存じの方も多いとは思いますが、ロードギャップ(道を飛び越えるジャンプ)で有名なコースとなっております。

さすがにロードギャップは。。。という事で比較的飛びやすい場所で重点的に練習。

走った感想としてはコース全体として、少し気を緩めても安全に走れる場所と集中して走る場所のバランスがとても良く、疲れすぎない印象でした。

長さもちょうど良く。5分程車の搬送で上がり、一気に下れば同じくらいの時間で降りて来れます。なので、搬送中に休憩しながらグルグル回る事も出来ますし、コース途中で止まって反復練習もしやすく感じました。

この日はなんと言っても若手のライダーに非常に感化された1日でした。

ポテンシャルの高さと度胸に脱帽です。

マウンテンバイクを始めてまだ数か月のヤングライダーがテーブルトップを楽々と飛び越えていく様はとにかくカッコ良いです。

こちらは頻繁にレースにも出ているヤングライダー。

みんなで思わず歓声を上げてしまいました。

写真には撮れませんでしたがS-TRAILで一番大きなロードギャップもぴったりと着地を合わせて飛んでくれました。

久しぶりに乗り倒した1日はあっという間。本当に何度でも通いたくなるコースです。次に来た時にはあのジャンプを飛べるようになろうとか、あのコーナーをスムーズに曲がろうというような目標ができました。

次はいつ行こうか☆


2020.Mar. 6

3月に入り少しずつ陽射しが気持ち良く感じる季節になってきました。

そこでこれからのサイクリングシーズンにピッタリな鎌倉らしいバイクのご紹介です。

■MARIN BIKES NICASIO RC

size:50 color:BLUE

メーカー希望価格 ¥109,000-(税抜)

爽やかなブルーが印象的なルックス。街乗りやサイクリングに最適なバイクです。

ハンドル周りは楽な姿勢で乗ることが出来る様にプロムナードタイプのハンドルを採用。

ブレーキは油圧DISCブレーキなので、軽い力でコントロールがし易くなっています。

グリップにブラウンを入れている辺りが何ともMARINらしいといった印象ですね。これに合わせてサドルにもブラウンを入れると更にオシャレ度アップ☆

更にタイヤも流行のスキンサイド。全体のカラーバランスがGOOD!

やっぱり見た目の良さも自転車を選ぶうえで重要なポイントですよね。

サイズは650×47cなので、ちょっとした段差も難なく越えることができますし、太さが故の乗り心地の良さも抜群です。

ギヤはSHIMANOの内装ギヤを搭載。外装式とは違い車軸の中に変速機構が入っていますので、チェーン外れなどのトラブルが起こりにくくなっています。

さらに、8段変速なのでちょっとした坂道でも楽々登って行けそうですね。

■MARIN BIKES NICASIO RC

size:50 color:BLUE

メーカー希望価格 ¥109,000-(税抜)


このバイクで颯爽と海辺を走っている姿を想像すると気持ち良さそうに思えてきませんか?

暖かい陽射しの中のんびりとサイクリングも良いのではないでしょうか。


店頭在庫は最後の1台限りとなっておりますので、ご希望の方はお早めのご検討をお勧めします。

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。


2020.Feb. 25

2020年のKONAの中でも一際目立つバイクが店頭に並んでおります。

店内に並べていてもパッと目を引く1台です。

29インチのバイクが軒並み出てきている中でも安定したニーズのあるPROCESS 153 27.5

27.5インチならではの特徴も衰える事の無い人気の理由の一つでしょう。

では一体27.5インチならではの特徴とは何なのでしょうか?


やはり一番は取り回しの良さ。29に比べると27.5の方が取り回しがし易くなります。決して29の取り回しが悪いわけではなく物理的にそうなってしまうのです。

ホイールが回転すると真っ直ぐに保とうとする力『ジャイロ効果』が働きます。その効果は径の大きさに比例して大きくなっていきます。


そのことで29は安定した走行に繋がる訳ですが、コーナーでバイクを倒しこもうとしたときはそれが逆に負荷として感じてしまいます。

真っ直ぐになろうとしているものを強引に倒し込むようなイメージですね。


その為、小柄で体重の軽い方や力の弱い方には27.5の方がコーナーでの倒し込みが容易にできるという事になっていきます。

上記の様な理由から在庫は「Sサイズ」

体格やお好み、遊び方に合わせてピッタリの1台を見つけましょう。

■2020 KONA PROCESS 153 27.5

size:S color:Matt Lime

メーカー希望小売価格 ¥325,000-(税抜)


綺麗なフレームを是非店頭でご覧になってみて下さい。鮮やかな色味がきっと心をくすぐると思います。

遠方でご来店が難しいという方は当店通販サイトBIKE ONLINEもご活用頂けます。


2020.Feb. 16

KONAファイナルクリアランスの第2弾は街乗りからトレイルライドまで気軽に乗れる本格マウンテンバイクのご紹介。

■2019 KONA UNIT 27.5+ size : M color : Matt Eco Green

SOLD THANKS

メーカー価格 ¥111,000-(税抜)

 現金特価 30%OFF ¥77,700-(税抜) 更にポイント還元

ゆったりのんびりと街中をライドしたい方、ちょっとしたダートやトレイルも走りたい方にお勧めのモデルです。

タイヤは27.5+(MID FAT)なので非常に安定感があり、サスペンションなしのフルリジットバイクなのに、まるでフルサスバイクの様に乗り心地が良いですよ。

オススメの空気圧は1.0barをちょっと下回るくらいがGOOD ! ちょっとした段差も『ガツン』とした衝撃ではなく『ぽわん』とタイヤが吸収してくれます。

前後共にシングルギアなので、見た目はとてもシンプル。ただ、シングルで乗ってはみたもののやっぱりギア付きがいいなぁ。という事があったら後から多段変速にカスタムすることも可能です。必要なのはシフトレバー・リアディレイラー ・カセットスプロケット・チェーンといった所ですね

■2019 KONA UNIT 27.5+ size : M color : Matt Eco Green

SOLD THANKS

メーカー価格 ¥111,000-(税抜)

 現金特価 30%OFF ¥77,700-(税抜) 更にポイント還元

2020年モデルは29インチに変更となっているため、27.5+仕様のUNITは在庫限りで終了です。

ご希望の方はお早目にご検討下さい。

遠方でご来店が難しいという方は当店通販サイトBIKE ONLINEもご活用頂けます。