GROVE鎌倉

MAINTENANCE
-メンテナンス-


2020.Oct. 23

ロードバイクのパーツアッセンブルの中でも走りに影響が大きいホイールのメンテナンスを行いました。「最近なんだかスピードの乗りが良くない気がする」、「ずいぶん距離を走っているけど、メンテナンスが出来ていない…」など気になっている方は是非ホイールのメンテナンスをお勧め致します。

 ホールのメンテナンスでは、スポークテンション、ハブのメンテナンスなどありますが、回転により影響するハブのオーバーホールを行いました。

先に負荷が大きいリアホイールから始めましょう。

スプロケットを外し、メインシャフトをハブボディーから外します。フリーの爪の部分がかなりどろどろの状態となっていました。ライドの距離と、雨でも乗る機会が多い個体ですので、これくらいは想定内です。

フリーのギア部分はオイルが固まり始めてしまっております。もっと早いタイミングでメンテナンスをしてあげるべきでした・・・

シャフトにも注目すべき点が… ベアリングが接触している部分に擦れた跡がついています。ひどくなってしまうとガタが出てしまったり、ベアリングが固着してしまったりますが、今回は軽傷で発見することが出来ました。磨いて再利用をします。

肝になるベアリングを抜きます。単体でチェックをすることで状態の確認をしっかりと行うことが出来ます。ベアリングチェックの結果は…交換となりました。このホイールのベアリングはシールドベアリングが圧入されており、このシールドベアリングのメリットは交換を行うことで新品の性能が復活することです!!

ベアリングの圧入は専用工具で慎重に行います。精度よく組み付けることで本来持つ性能を活かすことが出来ます。

フリーボディーのラチェット部分、爪、バネなど清掃し組付け。これで新品のような回転を取り戻してくれます。

フロントはこのような状態でした、シャフトの状態は良好、付着しているグリスの色が褐色になっていますが、雨のライドでベアリングに水分が入り錆びてしまったのでしょう。

1000~2000キロ毎のグリスアップ、1年に1度くらいオーバーホールを施すことをお勧め致します。

メンテナンスの行き届いたバイクで快適なライドをお楽しみください。


2020.Oct. 19

「何か今までと違う音がする」や「走りが重たくなった気がする」…等など

日々乗っている事でその変化に気付く事があります。

 

「何だかタイヤの空気圧の減りが早くなった気がするなぁ…」

そう思ったのは実はもう随分前のこと。

そんな違和感も更に数日経過すると、朝晩で1気圧強減る状態に。

ハイボリュームな32cのグラベルタイヤなので実際には乗れてしまう範囲内ではありますが、チューブレスシステムの“馴染み”にしては、やけに落ち着かないので一度しっかりと点検することにしました。

しっかりと点検してみるとタイヤには傷があったり、中にはガラスの破片が刺さっていたり…「コレか!?」と思いきや、どうも致命傷では無さそうです。

念のために内側を点検すると、紛れもない真犯人がおりました。

金属なのか、植物なのか得体の知れない鋭利な“刺”

原因がわかって何だかスッキリ☆

この状態になっても完全にパンクせずライドができるチューブレスシステムは「やっぱり頼もしいな」と感じると共に、いつ悪化してもおかしくない状態だったので“ロングライド行かなくて良かった”とも思いました。

貴方のバイクも、もしかしたらシーラントがしっかりと頑張ってくれているのかもしれません…。

当店では相性や目的別に様々なタイヤシーラントをご用意しております。
ご不明な点はスタッフまでお問い合わせくださいませ。

また、タイヤ交換からしばらく時間経過している方はシーラントが枯渇している可能性もございます。

定期的なチェックがオススメです。

 

細かい丸型の“ノブ”。
一個一個にある切り込みがノブに適度な柔軟性を与えて路面を捉えます。

新しいタイヤはSCHWALBE“G-ONE ALL ROUND 35c”をチョイス。

舗装路を軽快にこなしながらも、ダートでもまずまずのトラクション能力とグリップ力。

未舗装路セクションを楽しむ割合が、全体の4割以下の方にオススメのタイヤです。

楽しいライドはベストコンディションのバイクがあってこそ!

バイクを不用意に壊さないために、更には不安なく快適にライドを楽しむためにも、しっかりと“オーバーホール”や“定期点検”を行いましょう!

メンテナンスについてご不明な点はスタッフまでご相談くださいませ。

皆様のご来店心よりお待ちしております。

 

 

〜緊急事態宣言解除後の対応について〜

お客様の安全とスタッフの健康状態を保つ為、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。


2020.Aug. 16

パーツ変更前にRetul Fitを実施させていただいた“SuperSix EVO”のカスタムがついに完了いたしました!

カスタムのテーマは“ハードなロングライドをもっと快適に”

2日間で300kmを優に超え、獲得標高も4000mに迫るハイボリュームな“沖縄サイクリングイベント”にフォーカスし登りも下りも平坦も、さらには荒い路面でも身体への負担を軽減するバイクへとカスタマイズさせていただきました。

ノーマルタイプのコックピットからフレーム設計をフルに活かす“HollowGram SAVE SystemBar”へ。

上下方向の突き上げを“いなす”フレックス性を持たせた「HollowGram SAVE SystemBar」

エアロダイナミクスに優れ、更に快適性UPも狙えるハンドルバーはこの「SuperSix EVO」と合わせて開発が進められました。その為、乗り味の相性は抜群です!

先行してカスタマイズいただいたチューブレスホイールとの相性も抜群!

28cサイズのチューブレスタイヤによる低圧セットアップと、しなやかなコックピットカスタムによりロングライドも快適。その上速いという高バランスなバイクに仕上がりました。

ドライブトレインはケーブルが内装されるバイクやエアロハンドルにこそ真価を発揮する電動シフト「ULTEGRA Di2」へとアップグレード。

軽量クランク「ALDHU 3D+」×楕円リング「Q-RINGS」も併せてセットアップさせていただきました。

少し痛みの出ていたBBはセラミックベアリングへとリフレッシュ&グレードアップ。

次回の“ツール・ド・おきなわ ロングライド部門”開催が今から待ち遠しいですね!

快適なポジションとバイクで雄大で美しい沖縄をお楽しみくださいませ!

 

 

政府による緊急事態宣言後の当店の対応についてはこちら


2020.Aug. 10

ハンドル幅の見直しをきっかけに「S-WORKS AEROFLY」→『S-WORKS AEROFLY Ⅱ』へとアップデートする為ピットインしていただきました!

Before
After

同時にロースタックのトップキャップへとチェンジして、より高速巡航が楽なフォームを取りやすくカスタマイズ。

■SPECIALIZED S-WORKS AEROFLY Ⅱ ¥32,000-(税抜)

非常に高い剛性を確保しつつも、高い快適性も持ち合わせるエアロハンドルで重量面でも235g(42cmサイズ)と超優秀。

先代モデルとはこれまた一味違う「AEROFLY Ⅱ」で上質な乗り味に仕上がりました。

 

ハンドリングがゴロついていたのでヘッドベアリングも合わせてリフレッシュ!

通勤やZwiftで日頃から乗っている方や、クライミング好きなライダーは特に、年に一度の全体点検させていただくのがオススメです。

オーバーホールやカスタムでご不明な点はお気軽にご相談くださいませ。

 

 

政府による緊急事態宣言後の当店の対応についてはこちら


2020.Aug. 3

納車させていただいてから約1年ほど。

チューブレス対応カーボンホイールへとカスタマイズを終え、次なるステージはドライブトレインとコックピットのカスタム!という事でピットイン。

合わせてビッグカスタム前のバイクフィッティングも御用命いただきました。

身体的特徴のアセスメントデータを測定した後は3Dモーションキャプチャーを用いたバイクフィッティング。

ライダーの求める方向性や特徴を踏まえた上で最大パフォーマンスを引き出せるようセッティングを煮詰めてまいります。

無事にフィットを終え、残すはバイクカスタム。仕上がりがとっても楽しみですね!

 

 

〜緊急事態宣言解除後の対応について〜

お客様の安全とスタッフの健康状態を保つ為、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。


2020.Jul. 25

“親子で一緒にサイクリングしたい!”

そんなご相談をきっかけに辿り着いたのがコチラの『Bianchi VIA NIRONE 7』

コンパクトなサイズから展開されるアルミフレームの“エントリーロードバイク”です。

“エントリーロードバイク”なので、実は標準仕様はこのカタチ。

ご身長的にもドロップハンドルの操作に少し不安があったため、フラットハンドルバーへとカスタムさせていただきました。

スポーツバイクに慣れ、ご身長が伸びた先にドロップハンドル化するいう楽しみが残っています☆

さらに効率的に乗りやすくする為、ショートクランクへと合わせてカスタム。

ケイデンスを無理なく上げられるようになり、筋力の負担を減らす事で長い距離を走りやすくなりました。

安心・安全を第一に考え、ブレーキは105へとグレードアップ。

少ない握力でも強力なストッピングパワーで安心して坂道を下れますね!

目標の“親子で輪行サイクリングにもチャレンジ”に向け、今年の夏は思い切りサイクリングを楽しんで頂けたらと思います!

使用目的や楽しみたいシチュエーションに向け、様々なカスタマイズご提案とサポートをさせていただいております。

御悩みの際はお気軽にスタッフまでご相談くださいませ。

 

 

政府による緊急事態宣言後の当店の対応についてはこちら


2020.Jun. 17

天候が不安定でなかなかライドの予定が組みにくい梅雨時は、楽しく乗った愛車のオーバーホールをするのにオススメのタイミングです。

日頃のチェーンの注油や洗車といったお客様ご自身によるセルフメンテナンスを行なって頂いているこちらのGAN RS。

納車から2年弱でしょうか、初めてのオーバーホールでピットインしていただきました!

一見、綺麗に見えるバイクも分解してみるとダストで真っ黒。

もちろん、雨のライドが多かったというワケではございません。

ヘッドパーツには錆が見受けられました。

トレーニングに熱心なライダーや、沢山の汗をかくヒルクライム好きのライダーは特に要注意!

滴り落ちた汗は意外にも奥深くまで届いてしまうモノなのです。

オーバーホールをして頂くことで余計にパーツ交換をする事なくgoodコンディションを保つ事ができます。目安は1年に一度がオススメ。

ポジションも固まったので余分なコラムはカットして見た目も綺麗にスッキリとしました。

分解せずには手の届きにくい隅々まで徹底的にクリーニングを行い、フレームもパーツもリフレッシュ!

オーバーホールしたてのキレ良く、なめらかなライドをご堪能くださいませ。

快適に安全にライドを楽しむ為にも定期的なメンテナンスは必要不可欠。

オーバーホールのご相談はお気軽にスタッフまでご相談ください。

 

 

〜緊急事態宣言解除後の対応について〜

お客様の安全とスタッフの健康状態を保つ為、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。


2020.Jun. 14

Redbullライダー“Matt Jones”シグネチャーモデル『ALCATRAZ』のカスタムをさせていただきました!

Newクランクをインストール前に下ごしらえ。

カーボンフレームやプレスフィットBBの普及により、少なくなった印象のネジ切りタイプ。(最近はその信頼性の高さから改めて採用するモデルが出てきましたね!)

せっかく良いパーツへとグレードアップするので、フレーム側のコンディションも整えておくのがオススメ。

ネジ山とフレーム端面をしっかり整えてNewクランクをインストールさせていただきました。

クランクはRACE FACE『TURBINE』をセレクト。

チェーリングがダイレクトマウントとなった事でスパイダーアームの制約から解放。

ライディングスタイルに合わせた26tの低いギヤ比へとセットアップいたしました。

これでダニエルやオットピといったテクニックがやり易くなりますね!

転がりの良く軽量なMAXXIS DTHに軽量チューブをアッセンブル。

余分なシートポストもカットし、トータル1kg以上ものダイエットが成功しました!

 

梅雨入りでフィールドクローズが多いこのシーズン。

メンテナンスやカスタマイズには絶好のタイミングです。

お気軽にスタッフまでご相談くださいませ。

 

 

〜緊急事態宣言解除後の対応について〜

お客様の安全とスタッフの健康状態を保つ為、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。


2020.May. 10

前回はSTEP1-CLEAN編としてバイクの汚れを落としましたね。(CLEAN編はこちら)

続いては汚れをつきにくくしたりフレームの保護をするPROTECT編です。

STEP2-PROTECT

バイクを保護していくためのいわゆるワックスをイメージしてみてください。

グロス塗装用やマット塗装用、どちらでも共用できるものなど種類は色々あります。1つずつご紹介していきましょう。

まずはグロス・マットどちらでもお使い頂けるタイプ。

■Muc-Off BIKE PROTECT 500ml ¥2,500-(税抜)

こちらの特徴は水置換性を持っているということ。

洗車後濡れたままでも問題なくお使い頂けます。むしろ洗車後の余分な水分を追い出してくれるのでその方が効率的ですね。

スプレーすると非粘着性の保護層を形成して汚れの付着や腐食を防いでくれます。

塗装・金属・ゴム・プラスチック・カーボンどの素材でも安全にご使用できます。

続いても塗装を選ばないタイプ

■Muc-Off SILICON SHINE 500ml ¥1,990-(税抜)

シリコンコーティングで滑る様な滑らかさが特徴です。

先程とは違いこちらは乾いた状態でお使いください。

シリコンコーティングはMTBのサスペンションフォークやリアユニットの摩擦も低減してくれます。

こちらはマット塗装専用仕上げ剤

■Muc-Off MATT FINISH DETAILER 750ml ¥2,980-(税抜)

人気の高いマットカラーはコーティング剤選びが一つの肝。

合わない物を使ってしまうと折角のフレームがムラだらけに…なんてこともありますよね。

そこで登場したのがマットカラー専用の仕上げ用DETAILER

ボトルをよ~く振ってから完全に乾いた状態のバイクにスプレーして拭き上げます。

グロス用との大きな違いは仕上がり具合。艶の無い保護仕上げで表面を常にクリーンに保ってくれます。カーボンフレームももちろんOK

グロスフレームにはこちらの商品 フッ素系ポリマーコーティング剤

■Muc-Off MIRACLE SHINE 500ml  ¥2,760-(税抜)

洗車後、十分乾燥しているのを確かめたら柔らかいクロスに少量取ってまずは一塗り。3,40秒ほど待ってから入念に磨き上げていきます。

フッ素系ポリマーが優れた反射効果と撥水効果を発揮してくれます。

簡単・瞬間・超光沢 ガラス系コーティング剤ならこちら

■WAKO’S VARIOUS COAT 300ml ¥3,400-(税抜)

洗車後にスプレーして拭き取るだけでWハイブリッドポリマーがクリスタルのような輝きと深みのある艶を形成してくれます。

よく振ってからボディに吹付けてできるだけ薄く塗り伸ばすように磨きます。万が一ムラになってしまったら水を含ませて固く絞ったクロスで拭き上げて下さい。

バイクが濡れていても施工OK 。ファイバークロスが2枚付属しているのでお買得パッケージですよ。


全ての物に共通して言えることはブレーキ面やタイヤの走行面には吹付けないこと。そして換気の良い場所で使用することです。もちろん火気厳禁。

どのコーティング剤も非常に可燃性が高いので十分ご注意下さい。

コーティング時の拭き上げる布はファイバークロスなどの柔らかいものがオススメです。


さて、ここまでSTEP1-CLEAN(洗浄) STEP2-PROTECT(保護・艶出し)と進んできました。

次が最後のSTEP3-LUBRICATION(注油)です。

準備が整いましたらアップ致しますので、もう少々お待ちください。


今回ご紹介した商品は当店通販サイトBIKE ONLINEでもご購入頂けます。是非ご活用ください。

■Muc-Off商品ページはこちら

■WAKO’S商品ページはこちら


〜政府による緊急事態宣言後の当店の対応について〜

お客様の安全とスタッフの健康状態を保つ為、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。


2020.May. 5

バイクに乗るにはとても気持ち良い季節となっておりますが、以前よりは頻繁に乗りに行けなくなってしまった今の時期に愛車をバッチリと綺麗にしておきましょう!

今回は当店のお勧めケミカルブランドを使ったご自宅で簡単にできる愛車のクリーニングについてご案内いたします。

STEP1-CLEAN

まずは汚れを落としましょう。ここでのポイントはご自宅で水洗いができるかどうか。それによって使う洗剤が変わってきます。

水洗いができる場合のオススメはこちら

■Muc-Off NANO TECH BIKE CLEANER 1L ¥1,680-(税抜)

■Muc-Off BIKE CLEANER CONCENTRATE 500ml 詰替用 ¥2290-(税抜)

このピンクの液体はMuc-Offを代表する洗浄剤となっております。

バイクにも環境にもやさしい生分解性でアルカリ性。

カーボンファイバーを含む、あらゆる自転車の部品と表面に安全でシール、ケーブル、ブレーキパッドやローターも傷つけません。


使い方はとても簡単。まず始めに洗浄剤をバイク全体に吹付けます。その後3~5分放置して洗い流すだけ。簡単でしょ。

しつこい汚れの場合には自転車を傷つけないように注意しながらブラシやスポンジでこすると落ちやすくなりますよ。


詰替え用は4倍濃縮タイプなので、500mlタイプ1つでNANO TECH CLEANER2本分となっており、容器もパウチパッケージでとってもエコですね。

原液のまま使えば強力な脱脂剤としても利用可能です。

続いて水が使えない場合のオススメはこちら

■Muc-Off WATERLESS WASH 750ml ¥1,980-(税抜)

■WAKO’S FOAMING MULTI CLEANER 380ml ¥1,000-(税抜)

どちらの商品も水なしでスッキリ綺麗に出来ます。なるべくであれば水を使いたくないE-BIKEのメンテナンスにもちょうど良いですね。


WATER LESS WASHの使い方はボトルをよく振ってからバイク全体に吹付けて、汚れに浸透させる為しばらく放置します。Muc-Off製品は放置がポイント。

その後、清潔で乾いた布で優しく拭き上げていきます。仕上げにもう一度別の布で磨き上げましょう。


FOAMING MULTI CLEANERの使い方はボトルをよく振ってから全体に吹付け。ここまでは一緒ですね。その後『乾く前に』拭き上げていきます。

こちらは2度拭きの必要はありません。


WAKO’SとMuc-Offでは吹付けた後がちょっと違いますので、ご注意を。

また、どちらの製品を使う場合でも傷を付けにくくするポイントとして、砂やほこりなどを予め落としておくことが良いでしょう。

なお、拭き上げ時の布はファイバークロスの様なものを使うのが効果的です。

ここまでで全体的には綺麗になったと思いますが、やっぱり気になるのがチェーンやスプロケットなどドライブトレインの油汚れですよね。

それにはこちらを使ってみてください。ただ、どちらも水洗いが必要ですので、バシャバシャ水が使えない方は、外してお風呂場で洗うなどの工夫が必要です。

■Muc-Off BIO DRIVETRAIN CLEANER 500ml ¥3,240-(税抜)

■WAKO’S CHAIN CLEANER 330ml ¥1,500-(税抜)

使い方はどちらも共通でチェーンに吹付けた後ブラシでこすり洗い、最後に水で流しましょう。

これで埃と油が混ざった頑固な汚れも落とすことができます。

さらにこのようなCHAIN MACHINEを使うと簡単に洗うことができますよ。

■Muc-Off X-3 DIRTY CHAIN MACHINE ¥4,780-(税抜)

■PEDRO’S CHAIN MACHINE 3.0 ¥4,500-(税抜)

使い方は動画を載せておきますので、参考にしてみてください。

これでSTEP1-CLEAN編は終了です。

バイクがきれいになるとついつい色々な所へ行きたくなってしまいますが、今はグッと堪えてその時を待ちましょう。

次回はSTEP2-PROTECT編です。綺麗にした後は保護・艶出しをして汚れにくくしましょう。

準備が整い次第アップしますので、少々お待ちください。


今回ご紹介した商品は当店通販サイトBIKE ONLINEでもご購入頂けます。是非ご活用ください。

■Muc-Off商品ページはこちら

■WAKO’S商品ページはこちら

■PEDRO’S商品ページはこちら


政府による緊急事態宣言後の当店の対応についてはこちら