GROVE鎌倉

MAINTENANCE
-メンテナンス-


2019.Nov. 1

季節も移り変わり、日没の時間も早まりましたね。

天候が安定せず雨天、雨上がりのシチュエーションも多くなる季節。

そんなときに多くなるのがBBのトラブルです。

ペダリング時の異音でお預かりした車体。

BBを開けてみるとこのような状態、グリスに砂が噛み込んでしまっていました。

この状態のままだとベアリングのゴロつき、異音等の原因になる可能性も…。

今回はベアリングの状態が良かったのでクリーニング、グリスアップを行いスムーズな回転を取り戻すことが出来ました。

特に圧入式のベアリングはグリスが切れるとシャフトの焼き付きの原因になり、パーツの交換が必要となる場合も。

下のスピンドルは焼き付きで大きなキズがついてしまいダメになってしまったもの。

定期的なクリーニング、グリスアップで防ぐことが出来ます。

キャノンデールのスピンドル、BBにはWAKO’Sのブレーキプロテクターが推奨されています。

他多数メーカーからグリスが展開されていますが粘度、耐久性はピカイチです。

スピンドルのベアリング当たり面に適量取り、左側の様に薄く塗り広げていきます。

BB側にもベアリング当たり面はもちろんサイド部分にも防水性の高いグリスを塗布、適材適所でグリスを使い分けることでパーツの寿命を延ばすことが出来ます。

最後にスペーサー、クランクを取付けます。

このとき先程のグリスが、はみ出し汚れの原因となりますので拭き取りをし完了となります。

クリーニングはあらゆるメンテナンスの基本中の基本。

きれいにしてあげることで、気持ち良く乗れることはもちろんですがパーツの破損、摩耗なども発見できます。

当店プレミアムメンバーの方はパーツの交換を伴わない点検は永年無料となりますのでお気軽にお声掛け下さい。


2019.Oct. 25

昨今多くのバイクに使用される油圧システムのDISCブレーキ。

RIMブレーキや機械式のDISCブレーキとは異なり、油圧DISCブレーキは良くも悪くもパッドコンタクトがオートマチックに一定で保たれる為パッドの摩耗具合に気付きにくい特徴があります。

画像左:新品/画像右:使用済みパッド

ふと久々に点検すると上の様にギリギリな残量になっている事も。

日々のショートライドならまだしも、高度差のあるツーリング等では恐いですね。

また、ブレーキローターも消耗品。

ヒルクライムが好きな方は登った分、下っているハズ。

定期的にブレーキ周りの点検がオススメです☆

当店プレミアムメンバーの方は点検無料となりますのでお気軽にお声掛け下さいませ。


2019.Jun. 15

天候が不安定なこのシーズン。

なかなか週末のライド計画も立てにくいですね…

そんな乗れない季節にこそ大掛かりなメンテナンスを行うチャンス!!

先週末は雨のヒルクライムレースだったので、わたくしのバイクもベアリング周りを点検&クリーニング行いました。

防水対策は万全でしたが多少の侵入はあるものですね。

汗の影響を受けやすいヘッドパーツはベアリングの回転が錆でゴリゴリになってしまっているケースも多くあります。

こちらはカンパ・フルクラムに採用されるハブ。

フリーボディにはラチェットの爪を開閉するPawl springと呼ばれるリング状のバネがあります。

私自身、このPawl springがライド中に折れてしまい走行不能にならない様ソ~っとペダリングして帰って来たという苦い経験がございます(笑)

良いバイクを長く快適に楽しむ為にもメンテナンスは必須です☆

オーバーホールのご相談はスタッフまでお気軽にお問い合わせ下さいませ。