GROVE鎌倉

PARTS&GOODS
-パーツ&グッツ-


2019.May. 14

圧倒的な軽さと強さを持つブランドとして定評のあるENVE

本日はMTBパーツのご案内です。


ハンドルやステムは自転車の中では高い位置にある部品です。

バイクを左右に倒し込んだ時に重たいパーツと軽いパーツではどちらが影響しやすいか?
答えは簡単に見えてきますよね?

そしてカーボン素材は重ねる枚数などで強度計算がしやすいため、狙った強度と柔軟性を生み出すことが出来るんです。

もちろん振動吸収性も兼ね備えているのでガンガン下りで攻めても腕などに伝わる振動はマイルドに。

決して安価なパーツではありませんが、使えばその恩恵を感じて頂けると思います。

◆V2 Riser Bar メーカー価格 ¥22,000-(税抜)

clamp φ31.8mm  sweep 9D

rise   23mm       tip    5D

width  MAX 760 ~ MIN 680mm

weight   193g (実測値)

トレイルライドからオールマウンテン向けカーボンハンドルバー

大きなポジション変更をせずにカーボンハンドル特有の振動吸収性と軽さを体感したい方にはこちらがお勧めです。


◆M5 Bar メーカー価格 ¥22,000-(税抜)

clamp φ31.8mm  sweep 9D

rise   +/-5mm     tip    0D

width  MAX 760~ MIN 720mm

weight   195g (実測値)

クロスカントリーからトレイルライド向けカーボンハンドルバー

フラットに近い形状の為、より低くポジションを取りたい方にお勧め。

上下反転させることで-5°のセッティングもOK

◆MTN STEM メーカー価格 ¥34,000-(税抜)

clamp  φ31.8mm   length  40mm

rise   +/- 6D        stack     37mm

weight  85g

オールマウンテン向けカーボンステム

同等サイズのアルミステムと比べるとほぼ半分の重量。

強さと軽さを求めるなら交換必須です。

プレミアムなカーボンパーツで一歩上を行くカスタムにいかがでしょうか。


2019.Apr. 26

先日顔見せ程度にご紹介したGIROのニットシューズが大好評なので改めてご紹介。

高いフィット感でランニングシューズ界で採用例が増えているニット素材ですが、自転車のビンディングシューズにだって当然合うに決まってます。

ゆるポタ派の方だけでなく、コーディネートに余念のないライダーなら絶対にチェックするべき逸品です!

■GIRO REPUBLIC R KNIT ¥18,200

いやー絵になるシューズですね。

カジュアル系シューズは他にもありますが、こんなに垢抜けたデザインなのはGIROくらいじゃないでしょうか。

もちろんカッコイイというだけじゃなく、表面に撥水処理がしてあったり、つま先やカカトにはゴム素材を使って耐久性を高めたりと、実用性とパフォーマンスを重視するGIROらしい気遣いが随所に見られます。

何よりもこのシューズの優れている点はフィット感です。

一般的な樹脂アッパーを使用したシューズに比べ、伸びが良くて柔軟にフィットするのがニット素材の良いところ。

ダイヤル式ではなく、シューレースを採用しているのもフィット感に拍車を掛けます。

足の形が多少幅広だったり甲が高かったりという方も、このシューズなら行けちゃうことが多いです。

見ての通り、光が透けて見えるくらい通気性も抜群。蒸れにくさは正義!

SPD-SLではなくSPD対応なんです、このシューズ。

ペダリングという観点から見ればSPD-SLの方に分がありますが、街乗りなら歩きやすいSPD一択でしょう。

アウトソールもよくあるゴツい感じではなく、舗装路を歩くためのスマートな造りとなっています。

合わせるペダルはシクロクロッサーから高い支持を得るクランクブラザーズのエッグビーターなんていかがでしょう。

小ぶりなボディでバイクのルックスがスッキリ引き立ちますし、押して歩いている時もスマート。

4面でキャッチでステップインがしやすい、外す時もさほど力が必要無いという点もビンディングビギナーの方にオススメしたいポイント。

グレードによって値段はピンキリですが、写真のEGG BEATER1は税抜7,260円とリーズナブルです。

青の他に黒もございます。

良さそうだなと思った方は是非実物をご覧にいらして下さい!

もちろんご試着もして頂けますよ。

現在開催中の店内商品ポイント還元キャンペーンの対象でもありますので、是非この機会に。