新着情報


2020.Jan. 21

SPECIALIZED ROUBAIX

昨今のバイクシーンにすっかり定着してきたチューブレス。

純正でチューブレス対応のホイールが付いてくるバイクも多くなってきていますね。

チューブレスが市場に出始めの頃のビードの上がりにくさ、嵌めにくいというイメージを持たれている方は多いかと思います。

ですが最近はリムとタイヤの精度が上がってきておりますのでほとんどその心配はなくなりつつあります。

「まだクリンチャーだけどいつかはチューブレスにしたい」という方も多いと思います。

今回チューブレスのメリットについて、ポイントを踏まえてご紹介させて頂きます。

タイヤにチューブを入れる必要がないのでその分重量が減り軽量化になります。

写真のチューブは27.5インチ グラベルバイクに入っていたもので前後分で約440g、一般的なロードバイクで200gです。

この軽量化はストップアンドゴーの漕ぎだしに効いてきますよ。

空気圧を低くできる分トラクションが高いのでウェットな路面もしっかり掴んで安定して走ることができます。


クリンチャーと比較して 空気圧を低くすることができますので、乗り心地も良いです。

路面の状態もわかりやすく、走る楽しみが増えますよ。

もう一つはパンクに強く、バーストのリスクが少ないことです。表で比べると一目瞭然ですね。クリンチャーだとすぐ空気が抜けてしまうような穴があいてもシーラントである程度塞いでくれます。

パンクの原因でほとんどの割合を占めるリム打ちパンクもなくなります。

速度がのる下りで前輪がバーストなんて..想像するだけで冷や汗が出ますね。

Muc-Off NO PUNCTURE HASSLE TUBELESS SEALANT KIT ¥1,800‐(税抜)

初めてチューブレス化をお考えの方にはコチラがオススメ!

【付属品】

・15ml 計量スプーン
・フレンチ/アメリカンバルブ用バルブコア抜きツール
・エア漏れチェック用UVライト

※別途お使いのホイール対応のバルブ、チューブレステープが必要です。

マックオフのシーラントの特徴としてパッケージのままバルブに注入することができます。

液がポタポタ漏れずらいので作業しやすいのが嬉しい!

シーラントは半年に一回の交換が推奨されております。

一度元のシーラントを洗い流す必要がありますのでお任せください!


2020.Jan. 20


マウンテンバイクを買おうと思った時、何に注目して選びますか?

走破性?乗り心地?取り回し?軽さ?強さ?どれも捨てがたいポイントですね。

では、そのすべてが揃ったバイクがあったらいかがでしょうか。

■SPECIALIZED FUSE COMP 29

size : M  color  : Gloss Dove Gray / Cast Blue

メーカー価格 ¥180,000-(税抜)

このバイクが解決してくれます。

29インチの大径ホイールに2.6インチという少し太めのタイヤがインストールされております。

大径ホイールはギャップの乗り越え性能が高くどんな路面でも走りこなし、太めのタイヤによるクッションの良さは抜群の快適さを生み出します。

長めのリーチに短めのステム、寝かせたヘッドアングル。昨今のマウンテンバイクでは当たり前のように出てくるキーワードですよね。果たしてその言葉が導き出す答えとは??・・・それが操作性の良さなんです。

もちろんFUSEも例外ではありません。それに加えて立たせ気味のシートチューブアングルは登坂性能も高めてくれるのです。

SPECIALIZEDはFUSEのジオメトリーにあえてこの言葉を使います『完璧』と。

M4と位置付けられたフレームはよく伸びる特性を持つため薄く加工する事ができ軽量。

また、6061アルミニウムより強く、長年のハードライディングにも耐えられるような耐久性を兼ね備えています。

[走破性・乗り心地・取り回し・軽さ・強さ]すべてを持ったFUSE COMP 29に乗ってみたいとは思いませんか?

今なら店頭にございますので、是非ご覧になりに来てください。

皆様のご来店をお待ち致しております。


2020.Jan. 20

2020年【アルプスあずみのセンチュリーライド】のお申込み日程が近づいてまいりました。今年も160㎞のセンチュリーライドを楽しみませんか?

いよいよエントリーまで1週間を切りましたね。 ドキドキします・・・

 お申込み日程 1月25日(土) 18:00 一般エントリー開始

毎年エントリー開始からすぐに完売になってしまうくらいの人気イベントです。

エントリー準備をお忘れなきようご注意下さいませ!

ご参加希望のお客様はお気軽にスタッフまでお問合せ下さいませ。


2020.Jan. 19

目の前のスイッチバックのしている峠も、【TURBO CREO】をもってすればもはや平坦に・・・・

春の発売を心待ちにしているスペシャライズドのe-BIKE【TURBO】ですが。これに乗ればこの動画のように登りが平らになってしまったような感覚になることでしょう。今まで登りが得意でなかった方も、心置きなくライドに繰り出すことが出来そうですね☆


ジュリアン・アラフィリップ(プロロードレーサー)をベテラン司会者がマイクでしゃべりながら悠々と抜かしてしまう動画なのですが、【TURBO CREO】ではこのようなことが出来てしまうかもしれません。

少し考えると、、、今まで走力差があるため一緒に走ることをためらっていたことがあったとすれば、今後はそのような事が無くなり、性別・年齢・経験値などを気にすることなく一緒にライド体験をすることが可能になるのです!!

スポーツサイクルでの遊び方が根底からひっくり返るようなことが起きるということです。 登りは楽勝になることは間違いないと思いますし、平地や速度が乗る軽い登りなどはバイク自体の軽さを生かして軽快なグループライドが楽しめます☆

 僅か13.2㎏とe-BIKEであることを忘れてしまうくらい。

■S-WORKS TURBO CREO SL  ¥1,350,000–(税抜) を筆頭に、

■TURBO CREO SL EXPERT『ULTEGRA Di2仕様』 ¥900,000- (税抜)

■TURBO CREO SL COMP CARBON『ULTERGA仕様』 ¥670,000-(税抜)


また、グラベルに向けたEVOシリーズも魅力的!

グラベルライドに向けたパーツアッセンブルがされており、より幅広いライド体験に連れ出してくれる懐の深いバイクです。

■ TURBO CREO SL EXPERT EVO ¥900,000 -(税抜)

■TURBO CREO SL COMP CARBON EVO ¥670,000 -(税抜)

より過酷なルートに入り、急な下り坂を下る際に非常にありがたく感じるドロッパーポストを搭載、50㎜サドル高をライドしながら変えることが可能。アップダウンのきついトレイルに入っていったときには最高のパーツとなりますね。

通常37cタイヤがインストールされていますが、よりオフロードに特化させるのであれば650Bのリムに47C嵌めたホイールををインストールするのもオススメです!!

【ミッションコントロールアプリ】

TURBOのアシストパワーレベルやバッテリーの残量などを細かく制御できるアプリケーション、これを使うことで決まったルートをバッテリー切れを起こすことなく走り切ることが可能。ありがたいソフトウエアまで用意されているのは、さすがライダーがバイクを作っているスペシャライズドだと感じます!!

発売が本当に待ち遠しいです。


2020.Jan. 19

春のアドベンチャーイベントに向けオン・オフを問わず活躍するオールロードの代表的モデル“DIVERGE”をカスタマイズさせて頂きました!

踏み味とレスポンスが大きく変化するクランクを『ROTOR ALDHU 3D+』にカスタム。

スタイリッシュな見た目もさることながら、適度な剛性感と軽量さ。そして150mm〜というショートサイズから展開するラインナップの広さが魅力の逸品です。

また“シングルorダブル”、“パワーメーター”を後から変更・導入できるのも大きなポイントかと思います☆

 

ハンドルは先日ブログでご紹介した『LAUF Smoothie Bar』をセレクト頂きました。

 

■TOGS ROAD TOGS ¥5,093-(税抜)

下ハンドル部には荒れた路面でこそ真価を発揮する「ROAD TOGS」を合わせてインストール。

親指をTOGSに引っ掛ける事で小指側の無駄な力を抜く事ができ、尚且つホールド力も上がります。

 

左手側には「TOGS」と同位置にドロッパーポストのリモートレバーを配置しました。

グラベルでのライドがますます楽しくなりそうですね!!

 

今年も3/8(日)に開催が決定した「RallyCranking 3rd」に向けて思い切り楽しんで下さいませ!


2020.Jan. 19

大きな【CANNONDALE】ロゴがあしらわれた貴重な最終モデルのご紹介

■2019 Super Six EVO105  ¥240,000 → ファイナルクリアランス特別価格

サイズは54㎝ 

長い期間人気車種であった【SuperSix EVO】の最終モデル。

・トップチューブがホリゾンタルに近い美しいフレーム形状、昔ながらの自転車らしいシルエットを持っており昔ながらの愛好家にファンが多い印象。ダウンチューブいっぱいにあしらわれたメーカーロゴ。キャノンデールらしい意匠のシンプルながら見栄えのするデザインですね。

シルバー系のベースカラーに明るい赤のロゴと差し色が入っています。特にフロントフォーク・シートステー部にある車体前後からしか見えない差し色の赤はシンプル過ぎない印象をうまく作っています。

トップチューブ後部にある車体名はとてもシンプルなフォント。

シートステー、チェーンステーの断面形状は中央付近で横方向に長く楕円となっており上下の振動を効果的に吸収するような構造になっています。その名は【SAVE】、横長の断面になっている為左右方向には非常に剛性が高い。 ペダリングのバイクの左右方向のウイップが制限されするするとバイクな前に出てくれる乗り味。

☆快適なのに速いバイク、

☆路面の振動を吸収してくれ安定感の高いバイク

これがSuperSixEVOです。 2020年より新モデルが発表されており、新たな技術が盛り込まれており素晴らしい面が非常に多く、ファンを獲得しておりますが。しかしながらいまだにこのプレーンな印象を持ったフレームのファンも多いはず!探している方は必見です☆

■2019 Super Six EVO105  ¥240,000 → ファイナルクリアランス特別価格

先ほど紹介したモデルの色違い、在庫サイズは52㎝


ベースカラーは艶ありのブラック、こちらにパリッとしたホワイトのメーカーロゴ。色の入っていない車体であることから、パーツのカスタムで好きなカラーリングに仕上げていく楽しみがありますね。

リムブレーキであることから輪行などが行いやすいことも一つのメリットです。メインバイクとしてもよし、サブバイクとしてもいい一台。 驚きの販売価格は是非店頭にてご確認下さい。

ご来店お待ちしております。


2020.Jan. 18

ライド時の装備品と言えば色々と有りますが、携帯工具もその中の1つではないでしょうか?

ただバックパックに入れておくと取り出す際に意外と面倒なこともありますよね。

そんな時に便利なのがこちらのアイテム。

■Granite Design STASH MULTI TOOL テーパーコラム用

メーカー価格 ¥5364-(税抜)


携帯工具とステムロックが一緒になったパーツとなっております。

通常はスターファングルナットやプレッシャーアンカーなどを使ってヘッドの玉当たり調整を行いますが、こちらの部品に換えることで玉当たり調整の他に、フォークコラムの中へ携帯工具をすっぽり収納できてしまうんです。もちろん取り付けには特別な加工などは必要ありません。

これなら必要な時にサッと取り出して調整することが出来て便利ですね。

※元々入っているスターファングルナットは取り除かなくてはいけませんのでご注意ください。

付属の工具は HEX 2/2.5/3/4/5/6・T25・マイナスドライバー・ニップル回し4サイズ・バルブコアツール。

ライド中のちょっとした調整には十分なものが揃っています。

調整ボルトの長さは全部で4種類。

フォークコラムの上面から下面の長さが150mm~240mmの物に対応。

これだけの調整幅があればおおよそどのバイクでも取り付ける事は出来るのではないでしょうか。

こちらが取り付けたイメージとなっております。

キャップ部分はOリングが付いているので、激しいライドでも飛んで行ってしまう事はありません。1台に1ついかがでしょうか?


2020.Jan. 18

MTB好きの方の中にはジャンル別にバイクを複数台持っていることが割とあると思いますが、

これってご家族に理解されていないこともあるのでは??

日頃から肩身の狭い思いをしている方、1台でトレイルから常設コース、たまには街乗りだって出来ちゃうバイクがあれば解消できますよ。

■SPECIALIZED STUMPJUMPER COMP ALLOY 29 Mサイズ

メーカー価格 ¥320,000-(税抜)

フロント150mm/リア140mmというストロークを持ちながら、登りもガンガン攻めて行く事の出来る万能バイクです。

29インチの大径ホイールはギャップを難なく乗り越え、直進安定性と走破性に優れています。

タイヤは29×2.6というボリュームのある仕様なので、迷うことなくコーナーに突っ込んで行けそうですね。

リム・タイヤは共にTUBELESS READY。最初のカスタムとしてはチューブレス化+タイヤインサートで決まりです。


フロントは元から29&27.5+のフォークですし、リアのクリアランスも最大で3.0インチまで入るので、プラス規格も問題なさそう。

という事は前後共27.5+のタイヤを履かせて独特の浮遊感のある走りを体感出来ますし、タイヤがより太くなりさらに安定感が増し、初心者の方でも安心してMTBデビュー出来ますよ。

リアユニットは一般的なタイプを使用しているため、アフターで販売されているものにもアップグレード可能。

また、FLIP CHIPを採用し、BBハイトを6mmヘッドアングルで0.5°変換OK。

BBハイトやヘッドアングルを変えることでアグレッシブなライド向けにするのか、取り回しよいセッティングにするのかライダーの好みに合わせて調整が出来ます。


■SPECIALIZED STUMPJUMPER COMP ALLOY 29 Mサイズ

メーカー価格 ¥320,000-(税抜)

サイズ感の確認などご不明な点はお気軽にお問い合わせ下さい。


2020.Jan. 18

今期自信を持ってオススメさせて頂きたいモデルと言えば、やはりこの『SuperSix EVO Carbon Disc Ultegra』

「軽量・剛性・空力・快適性」全てにおいて抜け目ない万能フレームに加えてコストパフォーマンスが素晴らしい!

“走りが変わるアフターカスタマイズ”の代表と言えばホイールですが、なんと初期装備で扱いやすい35mmハイトのカーボンホイールがパッケージング!

チューブレス対応リムなのですぐにでもチューブレス化して、更なる極上の乗り心地とコーナリングを手に入れる事が可能です。

コックピットはノーマルタイプが標準装備。

EVO専用のエアロ形状コックピットカスタムするも良し、あえてノーマル形状も良し。

好みのハンドル形状を(見た目の違和感なく)インストールできるというのはライダーにとって大きなメリットです☆

軽量フレームに組み込まれるのは32tのワイドギヤ。

今まで諦めていたヒルクライムもヒラヒラと難なく登り切れるかもしれませんね

■CANNONDALE SuperSix EVO Carbon Disc Ultegra ¥390,000-(税抜)

エアロを手に入れさらにオールラウンダーとして磨きのかかった新型SuperSix EVO。

当店イチオシのロードバイクです!

これから始まるサイクルライフ。思いっきり楽しむ為にもより良い機材をしっかりと選びましょう。


2020.Jan. 18

 

■SPECIALIZED S-WORKS VENGE DISC FRAMESET

カラー:GLOSS SPECTRAFLAIR/RED TINT/METALLIC WHITE SILVER

サイズ:52  メーカー価格 ¥510,000-(税抜)


“2019年、最も優れたエアロロードバイク”としても認定された『VENGE』

その実力は間違いなくホンモノで乗れば確実に体感できるレベルに速いです。

エアロロードというカテゴリーでありながら軽量でクセのないハンドリング。

クライミングまでこなせる無敵のバイクなのです。

プロレースでの輝かしい戦績は勿論の事、私も出走した11月の“ツールドおきなわ”でも優勝バイクは2年連続この『VENGE』

機材を“供給される”プロ選手ではなく選手自らが“機材を選ぶ”アマチュアレースで勝つバイクというのはとてもリアルかと思います。

実際アマチュアライダーの頂上決戦「210kmクラス」では長い距離の中に多くの登り下りがあり、トータルの獲得標高は軽く2500mを越えダウンヒルでは80km/hにも及ぶ過酷なレースです。

平坦だけ速くても×、クライミングだけ速くても×。

登りを楽にこなし、高速ダウンヒルでも安定したステアリングと高いエアロダイナミクス、そして高出力なスプリントにも耐える剛性。

ハイスピード巡行ができる上で限りなくオールラウンドなバイクが求められるのだと思います。

色の深いワインレッドにVENGE独自の形状が艶めかしく美しい。

是非実物をご覧頂きたい逸品です。

クライミングに特化したTARMACでは「FACT 12r」ですが、VENGEではあえて「FACT 11r」と呼ばれるカーボンを使用しています。

圧倒的なレスポンスを誇るTARMACに比べ、ペダリング時のスイートスポットが広い印象はこの辺りも大きく影響しているのではないかと思います。

エアロロードの常識とされていた難アリな整備性は皆無なのでご安心下さい。

電動シフト専用と割り切った設計にしたことで細部まで徹底的に作り込まれています。

フレーム組み、載せ替えプランもお気軽にご相談下さいませ。